バジル・ホーキンスのワラワラの実の能力 恐ろしさと弱点

   フィギュアーツZERO バジル・ホーキンス

バジル・ホーキンスの食べた悪魔の実がワラワラの実と913話で明らかに

バジル・ホーキンスワラワラの実の能力の恐ろしさ(強さ・厄介さ)や弱点などについて今回は考察していってみたいと思います。

バジル・ホーキンスが食べた悪魔の実の名前はワラワラの実なのではないかと以前からずっと言われていましたが、やはりそのとおりだった事がワンピース913話で明らかになりました。

自らの放った斬撃でバジル・ホーキンスの顔がザックリ裂けたように見えたのに、そのダメージが部下にいってしまい、ホーキンスが無傷でいるのを見たゾロが

「どういう事だ!? 今の!!」

と問うと、

「”藁人形(ストローマン)”は部下達の分身だ ”ワラワラ”の能力(ちから)で部下達を体に宿すおれにダメージはない!!! 10人宿せば10回死ねる……」

とバジル・ホーキンスが応えていたのです。

バジル・ホーキンスのワラワラの実の能力の恐ろしさ①

バジル・ホーキンスのワラワラの実の能力が戦う相手にとって厄介になっているのは、いくらホーキンスにダメージを与えても藁人形を通じてダメージが他者にいってしまうことですね。

とはいえ、藁人形がバジル・ホーキンスの部下達の分身である以上、ダメージを負うのは彼の部下達になるわけですが……

もしも、バジル・ホーキンスを攻撃した時にダメージを負う者をホーキンスの部下ではなく麦わらの一味の者達、お玉などにされてしまったらルフィやゾロは、ホーキンスのことを全く攻撃できなくなってしまいますよね!

もちろんルフィやゾロ本人にダメージが返ってくるようにされてしまった場合だって攻撃不可になりますしね。

誰かの分身の藁人形を作る際に何が必要になるのか、そして、藁人形がどのようにして作られるのかなどワラワラの実の能力については、まだわからない事だらけですが……

もしも、自分の部下以外の藁人形も容易にできるようなら、バジル・ホーキンスが、ルフィ、ゾロ、麦わらの一味の者達、お玉などの分身の藁人形をルフィやゾロと再び戦った時の為に用意するという事も十分に考えられるのではないでしょうか。

もちろんバジル・ホーキンスに自分や味方の分身の藁人形を用意されてしまったら、非常に厄介な事になるのは、ルフィ、ゾロに限らないのは言うまでもありません。

バジル・ホーキンスのワラワラの実の能力の恐ろしさ②

バジル・ホーキンスは、藁人形(ストローマン)ズカードのゲームで悪いカードを引いた時のリスクを受け入れる代わりにいいカードを引けば自分の限界を超える力を発揮する事ができます。

913話では仲間割れのカードとなる「愚か者」逆位置を引き、部下を一人犠牲にしてしまいましたが、その代わりに追撃のカードとなる「法王」逆位置を引いた時には、藁人形にゾロを驚かせる程のパワーを発揮させ、なおかつ釘を発射する攻撃によってゾロにダメージも与えていました。

このゲームでバジル・ホーキンスが、今回とはまた別のいいカードを引いたら、戦っている相手にもっと強烈なダメージを与える事もありそうですね。

厄介なのはバジル・ホーキンス? ワラワラの実の能力?

   ワンピース フィギュア バジル・ホーキンス魔術師 超新星

バジル・ホーキンスのワラワラの実の能力の弱点①

バジル・ホーキンスがワラワラの実の能力で誰の分身の藁人形でも自在に作れるとしたら、上記のように戦う相手、相手の仲間などの分身の藁人形を作った場合、相手にとっては非常に困ったことになるはずです。

しかし、ワラワラの実の能力でそれをする事が可能なのかどうかはわかりません。

分身の藁人形を作れるのは、それを承諾し、バジル・ホーキンスと契約をした者に限られるなどという制約がワラワラの実の能力にはあるかもしれませんからね。

もしも、そんな制約があるとすれば、分身の藁人形を作らせた部下たちは、ホーキンスの身代わりとなるような契約をよくしたものだと思います。

騙されて、気づいた時には藁人形を作られてしまっていたのでしょうか?

それとも脅されて仕方なく藁人形を作らせたのでしょうか?

いずれにしても、藁人形作りに制約がある場合、もしも藁人形を作る事ができない状況になってしまったら、バジル・ホーキンスは、たちまち無力化する事になってしまいますよね。

バジル・ホーキンスのワラワラの実の能力の弱点②

上記のように913話で

「”藁人形(ストローマン)”は部下達の分身だ ”ワラワラ”の能力(ちから)で部下達を体に宿すおれにダメージはない!!! 10人宿せば10回死ねる……」

と言っていたバジル・ホーキンスですが……宿せる藁人形の数にはおそらく限界があるのでしょう。

常に何百体、何千体といった藁人形を宿せるとしたら、ルフィやゾロのような実力者でもバジル・ホーキンスの持つライフを全部使い果たさせるのは、かなり難しいでしょう。

しかし、宿せる藁人形の数が十とか二十程度だったら、ルフィやゾロのような強者を相手にした場合、そのライフはたちまち使い果たされてしまいそうですよね。

厄介なのはワラワラの実の能力ではなくバジル・ホーキンス?

バジル・ホーキンスのワラワラの実の能力が、戦う相手にとってかなり厄介なものであるのは確かであっても、けっして無敵の能力でも攻略の仕方がない能力でもないことは間違いありません。

しかし、それでもバジル・ホーキンスが侮れない男であることもまた間違いないと思います。

なぜならば、ワラワラの実の能力ではなくバジル・ホーキンスという男自体が敵に回している限り非常に厄介な男だからです。

もっとも、バジル・ホーキンスが、このままずっと敵でい続けるかどうかは、わかりませんけれどもね。

【2018年8月8日】

このページの内容と関連性が大きい

『913話 ホーキンス戦は終了 恩返しするお鶴と浦島登場!』

『914話~予想 ホーキンスはルフィやゾロと再び戦う?』

『バジル・ホーキンス、スクラッチメン・アプーなぜカイドウ部下に?』

も是非ご覧ください

続けて『悪魔の実17 ホールデムに見る本物の悪魔の実とSMILEの違い』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ