悪魔の実のなる木は世界のどこにも存在しない!?

悪魔の実のなる木については様々な説がある

悪魔の実のなる木”というものが、世界のどこかにあると多くの『ONE PIECE』(ワンピース)ファンが考えているようですね。

そして、この”悪魔の実のなる木”については

●ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)の正体は”全ての悪魔の実がなる木”

●マリージョアの国宝は”全ての悪魔の実がなる木”

●陽樹イヴが”悪魔の実のなる木”である

●ラフテルに”悪魔の実のなる木”はある

などの様々な説があります。

では、多くの『ONE PIECE』(ワンピース)ファンが考えているように”悪魔の実のなる木”というものが世界のどこかに存在しているのでしょうか?

夏のビーチ、砂浜、ヤシの木 キャンバスの 写真 ポスター 印刷 海 - 特大 (120cmx80cm)

悪魔の実のなる木は存在しない!?

”悪魔の実のなる木”は存在していて、それはラフテルにあるのかもしれないし、陽樹イヴなのかもしれないと私も考えています。

しかし、そういった可能性よりも”悪魔の実のなる木”などというものは、世界中のどこにも存在していない可能性の方がが高いのではないかとも考えています。

パンクハザードでサラサラの実モデル:アホロートルを食べたゲル状有毒ガス=スマイリーがエサを食べ、殺戮兵器シノクニに変化した時、シーザー・クラウンが用意していたリンゴのような果実の一つが、悪魔の実に変わりました(ワンピース68巻 第676話)よね。

あれは、おそらくスマイリーが死に、スマイリーのものとなっていたサラサラの実モデル:アホロートルの能力が、スマイリーから抜け出し、近くにあった果実に宿ったという事なのだと思います。

悪魔の実の能力者が死に、能力者だった者から抜け出した悪魔の実の能力は、近くにある果実に宿り、その果実が悪魔の実となる……そういう事なのではないでしょうか。

もしも、そうだとすれば、”悪魔の実がなる木”などというものは、世界中のどこにも存在していないという事になります。

悪魔の実の能力は、その能力ごとに宿る果実が決まっている!?

『悪魔の実の図鑑』があり、一部の悪魔の実については、その実の形まで判明しています。(ワンピース45巻 第188話)

これは、悪魔の実の能力は、

●ゴムゴムの実の能力はいつもメロンに宿る

●ウシウシの実モデル麒麟(ジラフ)の能力はいつもバナナに宿る

というように能力ごとに宿る果実は決まっていて、そのために

●ゴムゴムの実はメロンの形になる

●ウシウシの実モデル麒麟(ジラフ)はバナナの形になる

という事なのではないでしょうか。

シーザーがリンゴのような果実を用意していたのは、サラサラの実モデル:アホロートルの能力が宿るのが、その果実である事を把握していたからなのでしょう。

ゲル状有毒ガスにサラサラの実モデル:アホロートルを食べさせてスマイリーにしたのがシーザーである以上、サラサラの実モデル:アホロートルの能力が宿る果実の種類を知っていて当然ですからね。

それとも、やはり悪魔の実のなる木は存在しているのか!? 

前述しましたように私は”悪魔の実のなる木”というものは存在していない可能性が高いと思っています。

しかし……シーザーが果実を用意して、悪魔の実の能力を、そこに宿らせたのは、あくまで裏技であって、常に悪魔の実の能力者が死んだ時に近くにある果実に悪魔の実の能力が宿るわけではないという事も考えられなくはありません。

ですから、私は”悪魔の実のなる木”は存在していない可能性が高いだろうと考えながらも、”悪魔の実のなる木”がラフテルにあるという説も、”悪魔の実のなる木”が陽樹イヴだという説も完全に捨てきれずにいるのです。

続けて『悪魔の実8 人造悪魔の実が動物系に限定されていることが持つ意味』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ