トップ > 四皇PART2 > シャーロット家&ビッグ・マム海賊団

オーブンとダイフクの出番はもう終わってしまったのか?

   ONE PIECE 87 (ジャンプコミックス)

ダイフクの艦隊は波に流されていってしまったが…

第889話”未知のママ”でダイフクはホヤホヤの実の能力で操る魔人を月の獅子(スーロン)化していたキャロットに向かわせましたが……魔人の繰り出す攻撃はダイフクの艦隊にダメージを与えるばかりでキャロットには全くダメージを与えることができませんでした。

そして、キャロットに舵輪を破壊されたことによってダイフクの艦隊は波に流されていってしまいましたが……ダイフクのホールケーキアイランド編での出番は、もうこれで終わってしまったのでしょうか?

オーブンの出番もベッジの船に逃げられてしまったところで終わったのか?

もしもダイフクの出番がこれで終わってしまうようならば、第887話”どこかで誰かが君の幸せを願ってる”でオーブンはベッジの船に逃げられてしまっていましたが……オーブンのホールケーキアイランド編での出番も終わってしまったのかもしれないですね。

ジャンプコミックス『ONE PIECE』87巻の100ページに掲載されたSBSでカタクリ、ダイフク、オーブンの3人が3つ子だということが明かされていました。

このうちのカタクリが鏡世界(ミロワールド)でルフィに敗れ、それでホールケーキアイランド編の出番が終了となるのだとしたら……オーブンのホールケーキアイランド編での出番は第887話まで、そして、ダイフクのホールケーキアイランド編での出番は第889話までで終了となったとしてもおかしくはないと思うのです。

オーブンは必ず誰かに倒されるはずだが…

当サイトの『パウンドの仇オーブンを倒すのは誰?』のページには

【第886話で反逆者と見做した妹シフォンに容赦なく暴力をふるい、第887話で、そのシフォンのために奮闘したパウンドを殺すか重傷を負わせるかしたオーブンは、誰かに倒されることになると思います。『ONE PIECE』(ワンピース)が正しい少年漫画である限りは必ず!!】

と書かせていただき、続けてオーブンを倒すのがベッジなのかサンジなのか、もしかしたらトドメの一撃を入れるのはシフォンなのではないかといった予想を書かせていただきました。

そして、現在も私は第886話~第887話で完全に倒されるべき(倒されなければならない)敵役となったオーブンはいつか誰かに倒される事になるだろうと確信していますが……それはホールケーキアイランド編ではないのかもしれないと思い始めています。

ルフィ&麦わらの一味とビッグ・マム&ビッグ・マム海賊団の戦いがホールケーキアイランド編だけで終了するのでなければ、オーブンやダイフクが誰かと戦うところが描かれるのはホールケーキアイランド編ではなくて次の機会ということも十分考えられそうだと思えてきたんです。

ホールケーキアイランド編の終わりは近くオーブンやダイフクが戦う時間は残っていない!?

ジャンプフェスタ2018で読み上げられた尾田栄一郎先生のメッセージによれば、ルフィ達は2018年のうちにワノ国に行き、彼らの前に過去最大の敵が立ちはだかる事になりそうです。

しかも、2018年は『ONE PIECE』(ワンピース)の世界に潜む伝説が一つ紹介され、頂上戦争がかわいく思えるような何かが起きるというのですから……ホールケーキアイランド編の終わりは、もうそう遠くはないのでしょう。

そうだとすれば、今回のホールアイランド編では、オーブンやダイフクの出番がもうないという事も十分にあり得そうに思えます。

ただ……ルフィ達の前に過去最大の敵が立ちはだかったり、頂上戦争がかわいく思えるような何かが起きた後でオーブンやダイフクと誰かの戦いが描かれても、ちゃんと物語が盛り上がるんだろうかという疑問がわいてこなくもないですが……天才尾田先生なら、そのような展開になった場合でもちゃんと物語を盛り上げてくれるはずですよね!!

【2017年12月26日】

※追記

2018年になってからダイフクはそれなりに、そして、オーブンは大活躍していますね!!!

オーブンさん、ダイフクさん、ヘンな予想書いてしまってゴメンナサイ!!!

【2018年4月14日】

ジャンプフェスタ2018で読み上げられた尾田先生のメッセージについて取り上げた

『ルフィ達の過去最大の敵となる世界に潜む伝説とは?』

もご覧ください

続けて『四皇 シャーロット家&ビッグ・マム海賊団11 フランペがシャーロット家33女から36女に訂正された理由』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ