トップ > 四皇PART2 > シャーロット家&ビッグ・マム海賊団

プリンは別れる前にサンジの記憶を編集したのか?

      ワンピース Q posket petit プリン 単品

記憶を編集されていたとすればサンジの冷静さも納得できる

サンジプリンの「最後のお願い」に応えキスをしたのか?』のページに

サンジとプリンがキスをしていたにしては、その直後のサンジがあまりにも冷静だった事について

サンジとキスをした直後にプリンがサンジから自分とキスをしたという記憶をメモメモの実の能力によって消してしまったということも十分に考えられるのではないかと思います。

といった推察を書かせていただきまました。

しかし……もしもメモメモの実の能力でサンジの記憶を編集していたとしたら、プリンがサンジから消去したのはキスをしたという記憶だけではなかったかもしれませんよね。

プリンはサンジに絶対に憶えておいてほしくない姿を見られている

サンジは”いい子”だと信じていたプリンが、”悪い子”の顔を全開させて、サンジを含めたヴィンスモーク家の者たちを皆殺しにする計画のことをレイジュに話していたところを目撃していました。(ワンピース85巻 第850話~第851話)

プリンは、この時、自分が”悪い子”の顔を全開させ、サンジのこともチンピラ呼ばわりしているところをサンジに見られていたとは気づいていなかったでしょう。

しかし……もしもプリンがメモメモの実の能力を使い、サンジの記憶のフィルムを見たとしたら、”悪い子”全開の自分の姿をサンジに見られていたことを知ってしまったはずです。

ケース① プリンはサンジから見られたくなかった自分の記憶を消去した

サンジに見られたくない姿を見られてしまっていたと知ったら、当然のことながらプリンは、サンジからその記憶を消去することにしたでしょう。

ですから、プリンの「最後のお願い」がやはりキスをすることで、キスをした後でプリンがその記憶をサンジから消去しようとしていた場合もキスはしておらず、「最後のお願い」自体がプリンにとって不都合な記憶を消去すること場合のどちらであってもプリンはサンジの記憶から見られたくなかった自分の記憶を消去していただろうと推察できますね。

ケース② プリンはサンジから自分の記憶を全て消去した、

また、プリンは、サンジから自分についての記憶を全て消去してしまったということも考えられなくはありません。

ビッグ・マムの娘でシャーロット家の一員であるプリンが、麦わらの一味の一員であるサンジとの恋は許されるはずがないものと思っているかもしれないからです。

サンジからプリンに関する記憶を全て消去した上でホールケーキアイランドでの出来事を辻褄があうように編集することなど無理なようにも思えますが……プリンのメモメモの実の能力は、そんな不可能と思えることも可能としてしまう能力なのかもしれません。

もしも、本当にサンジがプリンについての記憶を全て消去されていたら……麦わらの一味の仲間たちとサンジの間で話が噛み合わないという事が起こってくるでしょうね。


仮に本当にサンジがプリンについての記憶を一部消去されていたとしても、全消去されていたとしても、サンジとプリンの物語がこのまま終わってしまうことはないはずだと予想します。

【2018年3月21日】

この記事と関連性が大きい

『サンジはプリンの「最後のお願い」に応えキスをしたのか?』

も是非ご覧ください

続けて『四皇 シャーロット家&ビッグ・マム海賊団17 プリンがサンジやルフィ達の命運を左右する!?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ