トップ > 四皇PART2 > シャーロット家&ビッグ・マム海賊団

なぜカタクリはルフィとの勝負に負けたのか?

 ワンピース KING OF ARTIST THE CHARLOTTE KATAKURI シャーロット・カタクリ

ルフィが勝ち、カタクリが負けた事を納得できない人が多い

ホールケーキアイランド編の後半でルフィカタクリは鏡世界(ミロワールド)で一騎打ち(男の勝負)を繰り広げました。

カタクリは、ルフィを圧倒し、有利に戦いを進めていたはずでしたが……最終的にはルフィが勝ち、カタクリが負けました。

ワンピースファンの中には、この勝負でルフィが勝ち、カタクリが負けたことを納得できない人も少なくないようですが……

なぜ最終的にカタクリはルフィに負けることになったのでしょうか?

いくつか説を立てながら考えていってみることにします。

カタクリがルフィに負けたのは「殺すための戦い」を最後まで続けなかったから!?

カタクリは戦い始めた時には、本気でルフィのことを殺そうとして「殺すための戦い」をしていたはずです。

ルフィと鏡世界(ミロワールド)で戦い始める前に

「”麦わらのルフィ”の首はおれがとる…!! 奴がこの先 本当にママを脅かす存在になる前に消しておく必要があると感じた」

と言っていた(ワンピース87巻 第873話)くらいですから間違いありません。

しかし、ルフィのことを本気で殺そうとして戦い始めたカタクリは、途中から殺すための戦いではなく、ルフィと「男の勝負」をするようになっていったのではないでしょうか。

特にフランペの横ヤリが入った事がわかって以降、カタクリは三叉槍・土竜を使おうとしませんでしたが(ワンピース89巻 第893話~)……もしも、カタクリがルフィを殺すことに徹していたら強力な武器である土竜を使い続けていたはずです。

もしも、カタクリが最後まで殺すための戦いに徹していたら、ルフィは土竜に体を貫かれて死んでいたかもしれません。

ですから、カタクリがルフィに負けたのは、最後まで殺すための戦いに徹しなかったためと考えることもできそうです。

カタクリがルフィに負けたのは少し先の未来が見えるためにダメージを受ける事に慣れていなかったため!?

カタクリは見聞色の覇気の達人であるために少し先の未来を見ることができますから、これまでに戦った相手の攻撃によって強烈なダメージを受けたことなど一度もなかったかもしれません。

「生まれてこの方一度も地に背をつけた事がない」と言われていた(ワンピース88巻 第882話)くらいですから、その可能性はかなり高いと思います。

自らはダメージを受けないうちに相手を倒し続けたというのは凄い事ではありますが、そのためにダメージを受けた際の耐性が高まることなく、打たれ弱くなってしまったという事は十分に考えられそうです。

ルフィとカタクリの一騎打ちでは、勝負に負けたカタクリよりも勝負に勝ったルフィの方が大きなダメージを負っていたようにも見えましたが……

それでもカタクリがルフィに負けてしまったのは、カタクリの方がルフィよりもダメージに対する耐性が無く、打たれ弱かったためなのかもしれません。

カタクリがルフィに負けた原因として考えられるのは…

   フィギュアーツZERO ONE PIECE シャーロット・カタクリ -モチ突- 約160mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア

カタクリがルフィに負けたのは自らの腹をえぐり過ぎたため!?

フランペが放ったシビレ針によって動きが止まったルフィの腹をえぐってしまった事に気づいたカタクリは、「男の勝負」に徹するために自らの腹をえぐりました。(ワンピース89巻 第893話)

一騎打ちに横ヤリを入れられての勝利など望んでいなかったカタクリは、自らの腹をえぐる時に手加減などせずルフィに与えたのと同じダメージか、もしかしたらルフィに与えた以上のダメージを自らに与えていたものと思われます。

カタクリは、この自らの腹をえぐった時のダメージがなかったら、もしかしたらルフィに負けることはなかったかもしれません。

そうだとすれば、ルフィは、フランペが鏡世界(ミロワールド)に現れることがなかったら、カタクリに勝てなかったということになりますね。

カタクリがルフィに負けたのは見聞色の覇気を長時間にわたって使い続ける事に慣れていなかったため!?

見聞色の覇気を長時間にわたって使い続けることが、体力や精神力を著しく消耗させる行為である事は想像に難くありません。

鏡世界(ミロワールド)でルフィと一騎打ちを続けている間、ずっと見聞色の覇気を使い続けていたカタクリは、おそらくその事によって体力や精神力を相当消耗させていたことでしょう。

カタクリがルフィに負けたのは、長時間にわたって見聞色の覇気を使い続け、体力や精神力を消耗させてしまったためだったのかもしれません。

カタクリが負けたのはルフィの事を気に入ってしまったから!?

カタクリは、自らに勝ったルフィが無事にビッグ・マムのナワバリを脱出した事を知った時に「よかった」と思っていたようです。(ワンピース 第902話)

どうやらカタクリは、「男の勝負」を長時間にわたって繰り広げるうちにルフィのことをスッカリ気に入ってしまったみたいですね。

カタクリが負けたのは、ルフィのことを気に入ってしまい、そのために知らず知らずのうちに(自分でも気づかないうちに)力をセーブしてしまったためということも考えられなくはありません。

【2018年9月1日】

続けて『四皇 カイドウ1 カイドウは本当に最強?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ