Dが呼ぶ嵐とはいったい何なのか?

天竜人たちの言葉だった「”D”はまた必ず嵐を呼ぶ」

マリンフォード頂上戦争の戦場で重傷を負ったルフィの命を医者として救ったトラファルガー・ローは、女ケ島を離れた時に

「”D”はまた必ず嵐を呼ぶ」

と言っていましたが(ワンピース60巻 第591話)元々、この言葉はローがコラソンから聞かされていたものでした。

   ONE PIECE ワンピース A4 クリアファイル 原作 CORAZON 【 コラソン 】

兄であるドンキホーテ・ドフラミンゴと同様に元天竜人であるコラソンはローに

「おれの故郷では子供はこうしつけられる「行儀の悪い子は”ディー”に食われてしまうぞ」 ーしばしば世間で名を上げる”D”の名を持つ者達に対し老人達は眉をひそめてつぶやく 「”D”はまた必ず嵐を呼ぶ」…!!」

と話していました。(ワンピース77巻 第764話)

コラソンの故郷とはマリージョアのはずですから、マリージョアに住む天竜人の老人たちは、の名を持つ者が何か目立つことをするたびに「”D”はまた必ず嵐を呼ぶ」と言っているということになりますね。

では、Dが呼ぶ(呼んだ)嵐とはどのようなものなのでしょうか? その候補になりそうなものをいくつか挙げていってみましょう。

1 ロジャーが死に際に放った一言で大海賊時代の幕が開く

海賊王ゴールド・ロジャー(本当はゴール・D・ロジャー)が死に際に放った

「おれの財宝か ほしけりゃくれてやるぜ… 捜してみろ この世の全てをそこに置いてきた」

という一言が大海賊時代の幕を開けました。(ワンピース1巻 第1話)

ロジャーが自らの意志を継ぎ、自分では果たせなかった事を果たす者の登場を促すために大海賊時代の幕を開けたのだとすれば、大海賊時代の幕開けは、天竜人にとっては、自分たちが頂点に立つ時代の”終わりの始まり”なのかもしれません。

そうだとすれば、大海賊時代の幕開けは、天竜人や世界政府にとってDの名を持つロジャーが呼んだ破滅の嵐なのではないでしょうか。

2 麦わらの一味がエニエス・ロビーを陥落させる

司法の島エニエス・ロビーは、800年もの長きにわたって侵入者も脱走者も出さなかった世界政府直轄の島でしたが、麦わらの一味とその協力者たちによって陥落させられました。

麦わらの一味は、連れ去られたニコ・ロビンを救出するために世界政府に宣戦布告までして戦ったわけですが……麦わらの一味を率いるルフィがDの名を持つ者ですから、エニエス・ロビー陥落もDが呼んだ嵐だったのかもしれません。

3 インペルダウンからの大量脱獄

ルフィは、インペルダウンから囚人たちが大量に脱獄した大脱獄事件の主犯であると海軍本部から見做されていました。バギーとともにではありますがね。(ワンピース56巻 第549話)

実際、ルフィのインペルダウンへの侵入がなかったら、大脱獄事件は起きなかったでしょうから海軍本部の判断は間違っていませんね。(バギーが主犯という判断は間違っていたと思いますが)

そして、LEVEL6の囚人に殺し合いをさせ、選りすぐりのメンバーを連れ出した黒ひげマーシャル・D・ティーチ(ワンピース59巻 第581話)ももう一つの脱獄事件の主犯と言えるのではないでしょうか。

ルフィと黒ひげという二人のDが大きく絡んだ、この大脱獄事件もまたDが呼んだ嵐の候補になりそうですね。

4 マリンフォード頂上戦争

マリンフォード頂上戦争は、Dの名を持つエースをDの名を持つ黒ひげが世界政府に差し出したことが発端となり起こった戦争だったわけですから、まさにDが呼んだ嵐だったのではないでしょうか?

   ONE PIECE ワンピース 14thシーズン マリンフォード編 全14巻 [マーケットプレイス DVDセット]

5 ドラゴン率いる革命軍が起こす革命の嵐

ルフィからドラゴンについての説明を求められた時にニコ・ロビンは

「海賊は… 自分から政府や海軍を襲う事はないけど 今「世界政府」を直接倒そうとしている力があるの それが”革命軍” その頂点に立つ男がドラゴンよ」

「今 世界中の色んな国々でその思想が広がって王国に反乱を招き いくつもの国が倒れている」

と話しています。(ワンピース45巻 第432話)

Dの名を持つドラゴンが率いる革命軍が起こす革命の嵐こそがDの呼ぶ嵐なのかもしれませんね。

6 世界中を巻き込む程の”巨大な戦い”こそがDが呼ぶ嵐

ロジャーからDとは何かということを聞かされていた白ひげエドワード・ニューゲートは死に際に

「ロジャーの意志を継ぐ者達がいる様に いずれエースの意志を継ぐ者も現れる…”血縁”を絶てどあいつらの炎が消える事はねェ…」

「ーそうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた………!! そして未来… いつの日か その数百年分の”歴史”を全て背負って この世界に戦いを挑む者が現れる………!!!」

「センゴク… お前達「世界政府」は… いつか来る…その世界中を巻き込む程の”巨大な戦い”を恐れている!!!」

と言っています。(ワンピース59巻 第576話)

Dが呼ぶ嵐とは、『ONE PIECE』(ワンピース)の物語の終盤で起こると思われる世界中を巻き込む程の”巨大な戦い”を指すもので、1~5はDが呼ぶ嵐には該当しないということも考えられそうです。

【2017年8月28日】

続けて『Dの意志9 麦わらの一味の者たちはDの意志を持っている!?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ