「”ひとつなぎの大秘宝”は実在する」という言葉を考察する

ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)とは何なのか?

”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)とは何なのかということは『ONE PIECE』(ワンピース)作品中で最大級の謎となっています。

ですから、このことについてはファンの間で様々な考察・推察がずっとなされ、様々な説が考えられてきました。

その中でもかなり有力とされ、多くのファンたちの支持も集めている説に”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)とは”ひとつなぎの海”か”ひとつなぎの大陸”なのではないかという説があります。

東西南北に分かれた世界は造られたものか?

”偉大なる航路”(グランドライン)”赤い土の大陸”(レッドライン)によって海が”東の海(イーストブルー)””西の海”(ウエストブルー)”南の海”(サウスブルー)、”北の海”(ノースブルー)の4つの海にキッチリ分けられている『ONE PIECE』(ワンピース)の世界は、いかにも人為的に造られた(自然のままではない)世界のようですよね。

では、もしも東西南北に海がキッチリ分けられている世界が、誰かによって造られた(造り変えられた)ものなのだとしたら……世界を現在のかたちに造った(造り変えた)のは誰だったのでしょうか?

現在の世界は天竜人の祖先によって造られた

天竜人は自分たちのことを「この世界の創造主の末裔」と自認しています。(ワンピース52巻 第503話)

それは彼らの祖先である20人の王達が世界政府を作り上げた(ワンピース51巻 第497話)ためとも解釈できます。

しかし、それだけではなく、天竜人の祖先は、”偉大なる航路”(グランドライン)と”赤い土の大陸”(レッドライン)によって東西南北に海が分けられた世界を造ってもいたのではないかと想像を広げることもできます。

もしも、海が東西南北の4つに分かれている現在の世界のかたちを造ったのが天竜人の祖先だったとしたら、現在のような世界のかたちは彼らにとってきっと都合のいいものだったのでしょう。

もしも”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)が”ひとつなぎの海”か”ひとつなぎの大陸”だとしたら、世界のかたちが変わり、天竜人の支配が終わるということになるのでしょうか。


”ひとつなぎの海・大陸”説は白ひげの言葉には矛盾する!?

「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)は実在する」と言っていた白ひげ

白ひげエドワード・ニューゲートは

「興味はねェが… あの宝を誰かが見つけた時…… 世界はひっくり返るのさ!! 誰かが見つけ出す その日は必ず来る… ”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)は実在する!!!」

と言っていました。(ワンピース59巻 第576話)

ONE PIECE 59 (ジャンプコミックス)

この白ひげの言葉は、”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)が”ひとつなぎの海”や”ひとつなぎの大陸”という説とは矛盾しているように思われます。

なぜならば、白ひげは「あの宝を誰かが見つけた時」に「世界はひっくり返る」と言っていますが、もしも、”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)が”ひとつなぎの海”や”ひとつなぎの大陸”だったとしたら、世界がひっくり返ったことによって(世界がひっくり返るような大異変が起こって)宝(”ひとつなぎの海”か”ひとつなぎの大陸”)が出来るということになりますからね。

原因と結果が逆!?

つまり、白ひげの言葉がは「宝を誰かが見つける」という原因があって「世界がひっくり返る」という結果が起こるというものだったのに対し、”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)が”ひとつなぎの海”や”ひとつなぎの大陸”という説は「世界がひっくり返る」という原因があって「宝ができる」という結果が起きるというものになっているわけです。

ならば……白ひげの言葉とは矛盾するように思える”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)が”ひとつなぎの海”か”ひとつなぎの大陸”という説は間違っていると判断すべきなのでしょうか?


「ひとつなぎの海・大陸」説は白ひげの言葉に矛盾しない!?

海か大陸が”ひとつなぎ”になって世界がひっくり返るのか!?

”ひとつなぎの海”か”ひとつなぎの大陸”が”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)だったとしても、もしも、海や大陸が”ひとつなぎ”になったことによって世界がひっくり返るのだとしたら、白ひげの言葉との間に矛盾は生じないようになるのではないでしょうか。

天竜人が頂点に立ち、支配する世界の体制が、海や大陸が”ひとつなぎ”になったことによってひっくり返るのだとしたら、白ひげが言っていた「あの宝を誰かが見つけた時」とは「海(あるいは大陸)が”ひとつなぎ”になった時」のことで、白ひげが言っていた「世界はひっくり返る」とは「天竜人が頂点に立つ世界の体制が終わること」だったと解釈可能ですからね。

白ひげはまだ実在していないものを「実在する」と言っているが…

また、白ひげの「”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)は実在する」という言葉の真の意味は「”ひとつなぎ”の大秘宝”は必ず実在するようになる」ということだったのではないかと解釈できないものでもありません。まあ、やや強引なような気はしますが……。

海か大陸が”ひとつなぎ”になる可能性は残る

ここまでに書かせていただいた解釈や考え方が可能ではあっても、もちろんそれだけで”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)が”ひとつなぎの海”か”ひとつなぎの大陸”だと決めつけることはできません。

ただ、白ひげの言葉と矛盾するように思えるという理由で、”ひとつなぎの大秘宝”(ワンピース)が”ひとつなぎの海”か”ひとつなぎの大陸”ではないかという説を排除してしまうことはできなそうです。

続けて『ひとつなぎの大秘宝2 ひとつなぎの大秘宝についての疑問』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ