トップ > 四皇PART3 > 百獣海賊団

バジル・ホーキンス、スクラッチメン・アプーなぜカイドウ部下に?

ONEPIECE ワンピース 超造形魂 億超えルーキー、集結 バジル・ホーキンス フィギュア 単品 バンダイ

バジル・ホーキンス、スクラッチメン・アプーはカイドウの部下になっていた

バジル・ホーキンス、スクラッチメン・アプーは、なぜカイドウの部下になったのでしょうか?

ワンピース911話でホーキンスがカイドウの部下になっている事が明らかになりました。

そして、スクラッチメン・アプーもまたカイドウの部下になっているのは確実と思われます。

なぜならば、カイドウに

「アッパッパ~ ジャックとの通信が海で突然途絶えちまったってよ カイドウさんっ!!!」

と連絡を入れてきた電伝虫の顔がスクラッチメン・アプーにソックリになっていましたし、口調も完全にスクラッチメン・アプーのものになっていましたからね。(ワンピース82巻 第821話)

バジル・ホーキンス、スクラッチメン・アプーはなぜカイドウの部下になったのか?

バジル・ホーキンスとスクラッチメン・アプーは、ユースタス・キッドと3人で同盟を組んでいましたが……彼ら3人は、空島からの飛び降り自殺をはかった直後のカイドウと遭遇してしまいました。(ワンピース79巻 第795話)

このうちのユースタス・キッドは、ボコボコにされて牢に入れられてしまっていましたから(ワンピース82巻 第824話)おそらくカイドウに向かっていき、全く歯が立たずに倒され、そのまま囚われてしまったのではないかと思われます。

では、カイドウと遭遇した時、バジル・ホーキンスとスクラッチメン・アプーの2人は、いったいどうしたのでしょうか?

●最初から圧倒的強者カイドウと戦うことを諦めて、ユースタス・キッドがカイドウに立ち向かっていくのを傍観していた

●ユースタス・キッドとともにカイドウに立ち向かいはしたが、すぐにカイドウと戦うことを諦め、降参した

のどちらかなのではないかと私は推察しています。

そして、最後までカイドウに立ち向かったユースタス・キッドがボコボコにされ、囚われるのを見ながら、バジル・ホーキンスとスクラッチメン・アプーはカイドウの部下になると誓わされたのではないでしょうか。

もしも、そのとおりだとすれば、バジル・ホーキンスもスクラッチメン・アプーもカイドウの部下になりたくてなったわけではなく、生き延びるために仕方なくカイドウの部下になったということになりますね。

バジル・ホーキンスとスクラッチメン・アプーはカイドウを裏切る?

150ピース ジグソーパズル ワンピース スクラッチメン・アプー ミニパズル(10x14.7cm)

バジル・ホーキンスとスクラッチメン・アプーには元々カイドウの部下だった疑いもあるが…

ユースタス・キッドと海賊同盟を組む前からバジル・ホーキンスかスクラッチメン・アプーのどちらか、あるいは両方がカイドウの部下だったのではないかと疑っている方もいるようですが……

●バジル・ホーキンスやスクラッチメン・アプーに自分の部下になった事を秘密にさせて、ユースタス・キッドと海賊同盟を組ませるのがカイドウにとって意味のある事だったとは思えない

●ユースタス・キッドら最悪の世代の者達を相手にカイドウが策をめぐらすとは考えにくい

●空島から飛び降り自殺をはかった直後のカイドウとユースタス・キッド、バジル・ホーキンス、スクラッチメン・アプーが遭遇したのは飽くまで偶然であり、キッドらをあの場所に連れてくるようホーキンスやアプーにカイドウが指示していたとは思えない(カイドウは本気で自殺をしようとしていたはず)

などの理由から、私はバジル・ホーキンスやスクラッチメン・アプーが元々カイドウの部下で、それを秘密にしてキッドと同盟を組むふりをしていたということはないだろうと考えています。

バジル・ホーキンスとスクラッチメン・アプーはカイドウを裏切るのか?

もしも推察どおりにバジル・ホーキンスやスクラッチメン・アプーが、生き延びるために仕方なくカイドウの部下になっているのだとしたら、彼らがカイドウの事を裏切る可能性は大きいでしょうね。

というか、カイドウの強大な力に屈服し、部下にならざるを得なかったのだとしたら、バジル・ホーキンスやスクラッチメン・アプーがカイドウに対して牙を剥いたとしても、それを「裏切り」とは言わないかもしれませんね。

ですから、バジル・ホーキンスやスクラッチメン・アプーがルフィや麦わらの一味、忍者海賊ミンク侍同盟と手を組み、カイドウに対して牙を剥いたとしても特に驚きはしませんが……

バジル・ホーキンスやスクラッチメン・アプーが完全にカイドウの力に屈し、カイドウに抵抗する意志を失っていたとしても特に驚きはしません。

なぜならば、カイドウの力は、バジル・ホーキンスやスクラッチメン・アプーから抵抗の意志を完全に失わせたとしても不思議ではないくらいに強大だろうと思うからです。

バジル・ホーキンスが何度占ってみてもカイドウを倒せる確率は0になってしまっているという事も十分にありそうですしね。

【2018年7月26日】

この記事と関連性が大きい

『913話 ホーキンス戦は終了 恩返しするお鶴と浦島登場!』

も是非ご覧ください

続けて『百獣海賊団2 カイドウの部下になっていたX・ドレーク 実は革命軍?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ