”信じられてる”未来が見えてきたルフィ!!

ワンピース 第891話”信じられてる”の内容

※コミックス(単行本)派の方にはネタバレとなることをご承知ください

週刊少年ジャンプ2018年7号に掲載されたワンピース第891話”信じられてる”の内容をまずは紹介します。

  フィギュアーツZERO モンキー・D・ルフィ -Battle Ver. ゴムゴムの火拳銃-

●シャーロット家33女フランペ登場

第891話信じられてる”は各島から鏡割れの報告が止まらずにホールケーキアイランドに入っているところから始まりました。

そして、ホールケーキアイランドではステューシーが大爆発の原因が玉手箱だったことをビッグ・マム海賊団の者達に教えています。

鏡世界(ミロワールド)にはカタクリと戦っているルフィをスナイパーに狙わせている者がいました。シャーロット家33女フランペ(15歳)です。

41人の兄のうち40人が選ぶ「ベスト妹(イモ)ーティスト賞」受賞のみんなの人気者と自称するフランペは、カタクリのお気に入り=キングオブ妹になるためにポイントを稼ごうとスナイパーにルフィを狙わせていたのでした。

しかし、ルフィの動きが速すぎてスナイパーの撃つヤリはルフィに当たりません。

●カタクリに圧倒され続けているルフィだが…

ルフィは相変わらずカタクリに圧倒され続けていましたが……時折、カタクリの動きに対して的確な動きをとる事があるルフィに対して

「こいつやはり… 低確率でおれと同じ未来を見てやがる!!」

とカタクリは思っています。どうやらルフィの見聞色の覇気は更に開花しつつあり、まだ低確率ながら未来を見れるようになってきているようですね。

そして、カタクリはルフィ達の計画はバレていて仲間はカカオ島に辿り着く前に潰されるのだから、もう立つなとルフィを諭しますが……ルフィは「だけど おれは必ず鏡の中から現れる」とまるで他人事のように言います。

●ビッグ・マムを止めるウェディングケーキ遂に完成!!

ベッジの船の上ではサンジ達が遂にビッグ・マムを止めるためのウェディングケーキを完成させました。

ケーキに毒か爆薬を入れるべきだと主張していたベッジもケーキが放つ香りに魅了されたためか、魔法にかけられたかのように部下たちと一緒になって「なんていい香り…!! 気が遠くなる…♡ もう何も言う事ねェし!!」「毒も入れなくていいし!!」「いっそ美味さで昇天しろ!! ビッグ・マム!!」などと言ってケーキの完成を祝っていました♡

●おれは信じられてる!!

サンジが「最高のケーキを完成させ 必ずマムを止めると… あいつらに……!!」と言ったところで鏡世界(ミロワールド)に場面が切り替わり、今度はルフィがカタクリに対し「お前をブッ飛ばして!! ハァ 必ず鏡の中から現れると……ハァ あいつらに…!!」と言います。

そして、ルフィとサンジがハモるかたちで

「おれは信じられてる!!!」

と言っています!!!

●サニー号を追い詰めていたビッグ・マムだったが…

サウザンドサニー号はビッグ・マム相手に苦戦を強いられていました。

ビッグ・マムを乗せたプロメテウスは、これまでよりずっと巨大になっており、プロメテウスに水による攻撃でダメージを与えたことがある(ワンピース87巻 第875話)ジンベエも「このデカさじゃ… 海水も効かん!!」と言っていて打つ手なしと言った様子です。

そんな絶体絶命に陥ったサニー号の船上にいるナミが海上に何かを見つけ「え…」と言い、何かのいい香りをキャッチしたビッグ・マムが「ん~~? なんだいこの… いい香り♡」と言っているところでワンピース第891話”信じられてる”は終わります。


ワンピース 第891話”信じられてる”でルフィが未来を見れるようになってきている事が判明し、ビッグ・マムはケーキの香を嗅ぎつけた!!

第891話”信じられてる”の特に重要なポイントは

●ルフィが未来を見れるようになりつつある事が判明した

●サニー号を襲っていたビッグ・マムがウェディングケーキの香を嗅ぎつけた

の2点ではないでしょうか。

また、ホールケーキアイランド編がいよいよ大詰めに向かい始めたと思われるココに来て、シャーロット家33女フランペが登場した事も重要な意味を実は持っているのかもしれません。

尾田先生がココに来て新たに登場させたキャラがたいした活躍をしないという事は考えにくいですからね。

ルフィとカタクリの勝負の行方にフランペが大きく関わってくるということもあるのかもしれませんね。

ワンピース 第891話”信じられてる”を読んでの予想 ルフィはカタクリとの勝負に近々決着をつける!?

   ラバーマスコット もぐもぐONE PIECE サンジのキッチン -ブランチ-(BOX)

第891話”信じられてる”の最後にウェディングケーキの香を嗅ぎつけたビッグ・マムは、香を辿ってケーキがあるベッジの船に向かうのでしょうね。

サニー号に乗っているジンベエやナミが、もうこれ以上はビッグ・マムの攻撃を凌ぎきれないところまで追い詰められていた事から考えてもその可能性は非常に大きいと思います。

ビッグ・マムがサニー号を襲っていたのも、そこにウェディングケーキがあると思い込んでいたからこそなのですから、ケーキの香を嗅ぎつければ、そちらに向かうのは当たり前のことですしね。

となると……第891話”信じられてる”の時点では、未来を見れるようになりつつあるとはいえ、まだカタクリに圧倒されていたルフィですが……近々カタクリを倒すようになるのではないでしょうか?

ビッグ・マムがケーキを食べた時に何かが起こり、ホールケーキアイランド編が終わりに向かうことは確実でしょうが、その何かが起きる現場にルフィが居合わせないということは考えにくいですからね。

未来を見れるようになりつつあるルフィが、更に覇気を開花させ、カタクリに勝つ時がいよいよ近づいてきているのでしょうか!?

【2018年1月15日】

※追記

フランペは週刊少年ジャンプ2018年7号の誌面ではシャーロット家33女となっていましたが、7号発売日の1月15日中に公式ツイッターで彼女の設定表記は誤りで正しくは36女と発信されています。

考えてみれば、33女では35女のプリンの姉になってしまいますからね。


『ホールケーキアイランド編の終わり方 ビッグ・マムはどうなる?』

『フランペがシャーロット家33女から36女に訂正された理由』

も是非ご覧ください

続けて『ONE PIECE展開予想 ルフィ対カタクリの勝負の行方』をご覧ください

ネタバレとはコミックス(単行本)派にとってのネタバレの意味であり、掟破りの週刊少年ジャンプ発売日前の情報暴露を意味するものではありません

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ