第908話イムの決定でビビに危機!?天竜人ミョスガルド聖孤立!?

     一番くじワンピース 20th anniversary K賞 20thアニバーサリー色紙 ビビ と チャカ と ペル 1枚のみ

第908話”世界会議開幕”概要

週刊少年ジャンプ2018年29号に掲載されたワンピース908話”世界会議(レヴェリー)開幕”の速報です。

第908話”世界会議開幕”の概要は

●しらほしを救ったミョスガルド聖

・会議中の7日間は、しらほし姫についている

・天竜人の身分に生まれた事が人の役に立つなら本望

といった事をネプチューンらに話していた

●世界会議前に藤虎がアラバスタの王コブラ、ドレスローザの王リクと会っていたと判明

●チャルロス聖の父=ロズワード聖が、しらほしを助け、自分の息子をケガさせたミョスガルド聖のことを

「天竜人にして奴隷を一人も持たぬ奇人!!」

「30年も前に下界に降りたホーミング然り ドンキホーテの一族はどうかしているえ!!」

と話している

●バーソロミュー・くまが、世界政府加盟国=ソルベ王国の元国王だった事、現在は天竜人の間を順番で回される奴隷にされている事が判明

●マリージョアに潜入していたジュエリー・ボニーが、変わり果てたバーソロミュー・くまを見て泣いていた

●モーリーが能力でマリージョアの地下に空間を作り、そこにサボ、カラス、リンドバーグとともに潜伏

●バーソロミュー・くまの事で怒りを抑えられないサボは、「死」をも覚悟して何かをやろうとしているようだった

●世界会議がいよいよ始まる

●第906話で凍てつく部屋で麦わら帽子の前に立っていた者が、誰も座れないはずの虚の玉座に座り、五老星から「イム様」と呼ばれていた

●五老星達が「イム」なる人物に

「歴史より消すべき”灯”がまたお決まりでしょうか? 然らば その者の名を!!」

とお伺いを立てていたが……その前にイムは、ルフィ、黒ひげの手配書を切り刻み、しらほしの写真に剣を突き立てていて、この時はビビの写真を持っていた

といった前回の第907話に続き充実度MAXのものでした。

第908話”世界会議開幕”の重要なポイント

第908話”世界会議開幕”の重要なポイントを挙げていってみると

●五老星のさらに上に「イム様」と呼ばれる人物がいると判明

●バーソロミュー・くまが世界政府加盟国の元国王だったと判明

●現在、バーソロミュー・くまが天竜人達の間を期間を定めて回される奴隷にされていることがわかった

●ジュエリー・ボニーがマリージョアに潜入していて、バーソロミュー・くまの変わり果てた姿を見て泣いていた

●サボをはじめとする革命軍の者達の今回、マリージョアでやろうとしている事に対する決死の覚悟がわかった

●ミョスガルド聖の決意と彼が天竜人の中で「奇人」と思われている事がわかった

●五老星から「歴史より消すべき”灯”がまたお決まりでしょうか?」と尋ねられた時、ビビの写真を持っていた

といったところになります。

このうち、五老星よりも上にイムがいた件、奴隷にされていたバーソロミュー・くまとジュエリー・ボニーの間に繋がり(絆)があるらしい件については他のページで取り上げています。

ですから、このページでは、魚人島の者達の力になる事を誓った天竜人ミョスガルド聖が他の天竜人達に奇人と見られている件、そして、真の最高権力者らしきイムなる人物の下した決断によってビビに危機が迫るかもしれない件について取り上げたいと思います。

ビビが歴史から消される!? ミョスガルド聖の孤立が意味するものは?

     ONE PIECE LOG COLLECTION

第908話でミョスガルド聖の孤立が暗示された事が意味するものは…

第907話でミョスガルド聖は、かつてのバカっぷりが嘘のように天竜人とは思えないようなマトモな人間になったところを見せてくれました。

そして、今回の第908話でミョスガルド聖は、改めて、しらほしや魚人島の者達の力になってくれる決意を表明してくれましたが……

他の天竜人達からミョスガルド聖が「奇人」と見られているという事は、彼が天竜人の中の少数派……それも、圧倒的少数派となっている事を示していそうです。

となると……もしも、他の天竜人達に数で圧倒されるような局面になった場合、ミョスガルド聖には、まず勝ち目はないということになりますね!

せっかく天竜人の一人という味方を得た魚人島・リュウグウ王国ですが……その天竜人の力は必ずしも盤石のものではないようです!

第908話でいよいよ世界会議が始まりましたが……その世界会議が終わるまでの間に魚人島・リュウグウ王国の者達、そして、その力になると誓ったミョスガルド聖が、どんな難局に立たされる事になるのか……非常に心配です!

第908話で危機が迫っている事が暗示されたビビはどうなる?

真の最高権力者と思われる人物イムが、ルフィ、黒ひげの手配書を切り刻み、しらほしの写真に剣を突き立てた後、ビビの写真を持っている状態で五老星から「歴史より消すべき”灯”がまたお決まりでしょうか?」と尋ねられていたのは……

イムによって「歴史より消すべき”灯”」として選ばれたのがビビであることを意味していると私は解釈しました。

もしも、その解釈が正しい場合、現在、マリージョアに来ているビビにすぐにも危機が迫るはずです!

ビビは、麦わらの一味の一員と言っても過言ではないくらいにルフィ達と強い絆を築いていますので、本来なら、危機に陥った彼女を救う役割は、麦わらの一味の者達に演じてほしかったところですが……既にワノ国に行っている者とワノ国に向かっている者ばかりの一味のメンバーにそれを期待する事はできません。

そうなると、ビビに危機が迫った時、彼女を救う役割を演じるのは

●サボをはじめとするマリージョアに潜入している革命軍の者達

●海軍に所属はしていても世界政府の言いなりにはなりそうにない藤虎やガープ

●第907話でマリージョアにやって来ていたシャンクス

●かつてのアラバスタの宿敵クロコダイル

の中の誰かといったところになってくるでしょうかね。

願望としては、かつての宿敵クロコダイルが、ビビを危機から救うなんていう展開を見てみたいですが……実現確率は低いですかね?

第908話でイムはなぜビビを「歴史より消すべき”灯”」として選んだのか?

上記の解釈が正しく、イムが「歴史より消すべき”灯”」として本当にビビのことを選んでいたとしたら、その理由として考えられそうなのは

●800年前、下界に残った裏切者=ネフェルタリ家の血筋を絶つため

●ルフィ達と絆を持つ者をアラバスタ王家に置いておくことを危険と判断したため

●アラバスタに隠された重大な秘密を封印するため

などといったところになるでしょうか。


いよいよ始まった世界会議の裏で世界の頂点にいる者達が不穏な動き……ビビやリュウグウ王国の者達、そして革命軍の者達はどうなるのでしょうか?

緊迫の展開のワンピースから目が離せませんね!

【2018年6月18日】

このページの内容と関連性が大きい

『イム様の正体 20人の王の一人? 何千年も生きてきた?』

『イム様は天竜人の最高位=五老星の上のたった一人の王!?』

『元ソルベ王国黒王バーソロミュー・くまとジュエリー・ボニー』

も是非ご覧ください

続けて『ONE PIECE展開予想 第909話以降 世界会議編の舞台・マリージョアで起こる戦いを予想』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ