915話確定情報 侍・お菊が浦島のマゲを切る!

950ピース ジグソーパズル ワンピース・クロニクルズ (34x102cm)

ワンピース915話”博羅町”確定情報 あらすじ

週刊少年ジャンプ2018年39号掲載のワンピース915話”博羅町”の確定情報をお届けします!

915話では浦島が再登場し、お菊にからんできます!

ワンピース915話”博羅町”のあらすじは

●大相撲興行が行われている博羅町で浦島はギフターズの一人マウスマンと飯を食べていた

●浦島は士族なのだから、お菊を力ずくで奪えばいいとマウスマンに言われ、気をよくした浦島は、定食屋にペットのタヌキを調理しろと無茶な要求し、クズぶりを発揮

●お玉は、真打ち・ホールデム(=ライオンのSMILEを食べた能力者で腹にライオンの顔がある)がいる屋敷に連れてこられていて、彼女の能力を知っているホールデムは、自分の部下に彼女のほっぺたを引っ張るペンチを持ってくるよう命じる

●ゾロ、お菊とともに博羅町の門の前に到着したルフィは大声でお玉の名を呼び、結果、浪人達を呼び寄せてしまうが……浪人達は、ルフィの覇王色の覇気で呆気なくダウン

●浦島を倒せば500金が貰えるというイベントが行われていて、浦島に吹き飛ばされた力士が一人、ルフィ達のところに飛んでくる

●思い上がりの激しい浦島は、お菊を見つけ、自分の嫁になる気になったのかと勘違いし、弟子にお菊を連れてくるように命じる

●ゾロの後ろに隠れたお玉(ゾロよりずっと大きいので隠れられないが)だが、ゾロは裸の男は斬りたくないという理由で浦島の弟子達に攻撃を繰り出さず、結果、お菊は連れて行かれてしまう

●博羅町の町人達は、おこぼれ町の茶屋の娘が自分達の町の中にいる事に立腹していたが……浦島は、平民である町民たちも所詮は下人で生かすも殺すも俺次第とトンデモ発言

●浦島に抱きつかれそうになったお菊は刀を抜き「拙者 下人という人間を存じません」と言いながら、浦島の髪のマゲを切り落とす

●お菊と浦島の様子を見ていたルフィが「面白くなってきたー!!!」と言っているところで915話”博羅町”は終了

といったものになるようです。

このワンピース最新話・915話ネタバレ確定情報の考察と916話以降の物語の予想をしていきましょう。

”博羅町”でお菊が浦島のマゲを切り落とした事が持つ意味は?

950ピース ジグソーパズル ONE PIECE CHRONICLES IV(34x102cm)

ワンピース915話確定情報の重要ポイントとお菊が浦島のマゲを切り落とした事は結びついている

ワンピース915話”博羅町”の確定情報の重要ポイントは

■士族だからという理由で浦島をそそのかすマウスマン

■おこぼれ町の茶屋の娘が自分達の町の中にいる事に腹を立てる博羅町の町人達

■自分が士族である事を鼻にかけ、平民達を下人と見下す浦島

などの差別する心、階級意識、特権意識の醜悪さが描かれていた事ですね。

差別する心、階級意識、特権意識の権化のような世界貴族=天竜人を頂点とする世界の外側にあるワノ国にも差別する心、階級意識、特権意識がはびこっている事が今回の915話でよ~くわかりました。

915話の終盤でお菊が浦島のマゲを切り落とした事は、ワノ国にはびこる差別する心、階級意識、特権意識に対する反撃の始まりを象徴しているように私には思えましたが……違っているでしょうかね?

ワノ国編が終了する時、忍者海賊ミンク侍同盟などの活躍によって生まれ変わったワノ国には差別する心、階級意識、特権意識などがはびこっていないようになっているのではないかと予想しておきます。

ワンピース915話”博羅町”の確定情報を踏まえて今後を予想

ワンピース915話”博羅町”の確定情報にはトラファルガー・ローは登場しませんでしたね。

しかし、前回の914話は、博羅町にルフィとゾロが入っていくことを知ったローが

「おい待て!! 事件しか起きねェじゃねェか!!!」

「止めに行くぞ バカ共を!!」

と言っているところで終わっていました。

したがってローが博羅町に駆け付ける事は間違いないはずです。

役人街にはホーキンス、ホールデム、スピードの3人の真打ちと約30人のギフターズがいることが914話で判明していましたので、その軍勢とルフィ、ゾロ、ロー、そして、侍・お菊の戦いが見られる可能性が高いと思うのですが……

914話に全く登場せず、このままフェードアウトの可能性もアリかと思わせた浦島がルフィ、ゾロ、お菊の前に今回の915話で(生意気にも)立ちはだかってきてくれましたので、真打ち達との戦いが描かれるのは、まだもう少し先の事になるかもしれないですね。

ワンピース915話確定情報内でお菊は浦島のマゲを切り落とす活躍を見せたが、その素性は不明のまま

ワンピース915話”博羅町”確定情報では、お菊の素性は全くわからないままでした。

914話で「拙者」という一人称で話すこと、そして「侍」と自称する事がわかったお菊ですが……いったい彼女(でいいのかな? 彼ではなく?)は何者なのでしょうか?

915話でお菊が発した「拙者 下人という人間を存じません」という言葉からは、士族に生まれただけで下人と人を見下すような者達が幅を利かせているワノ国の現状を変えようとしている彼女(?)の意志を感じました。

やはりお菊は光月家と関わる侍で錦えもん達の同志の一人なのかもしれませんね。

【2018年8月24日】

※915話ネタバレ確定情報についての考察の続き『横綱・浦島はイヤな奴だがルフィ達の仲間・味方になる?』を続けてご覧ください


このページの内容と関連性が大きい

『ワノ国をかつて光月家が治めていたと914話で判明!』

『光月おでんが将軍・黒炭オロチの前にワノ国を治めていた?』

も是非ご覧ください

続けて『ONE PIECE展開予想 916話確定情報 ルフィが浦島をブッ飛ばす!』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ