黒ひげはルフィのおかげで命拾いしていた

カード ワンピース  黒ひげ ティーチ 184

マゼランの毒で死にかけていた黒ひげ

黒ひげマーシャル・D・ティーチは、インペルダウンに侵入した際に部下たちとともにマゼランの毒竜(ヒドラ)による攻撃に遭い、死にかけています。(ワンピース56巻 第544話)

自然(ロギア)系でありながら、攻撃を受け流すことができず、全てを引き込んでしまう黒ひげのヤミヤミの実の能力では、マゼランの毒をかわしようがなかったはずですから、まあ、そうなったのが当然ですね。

しかし、黒ひげは、インペルダウンの看守長だったシリュウが解毒剤を持ってきたことによって部下たちとともに命拾いしています。(ワンピース56巻 第549話)

黒ひげが命拾いしたのはルフィのおかげ1

黒ひげたちに毒竜(ヒドラ)の攻撃を繰り出した後、マゼランは、とどめを刺すことも投獄することもせず、すぐに立ち去ってしまいます。(ワンピース56巻 第544話)

結果的にそれが裏目に出てしまうわけですが、この時にマゼランが急いで立ち去らなければならなかったのは、騒動を起こしているルフィたちのところへ行くためでした。

もしも、この時、マゼランが先を急いでおらず、黒ひげたちにキッチリとどめを刺していたら……黒ひげたちの命運はここで尽きていたはずです。

したがって、黒ひげが命拾いをしたのは、この時にルフィがインペルダウンに侵入していたおかげと言えます。

黒ひげが命拾いしたのはルフィのおかげ2

また、この時、黒ひげたちの命を解毒剤によって救ったシリュウは、ほんの少し前まで投獄されていました。(ワンピース56巻 第542話)

シリュウが牢から出されたのは、彼に黒ひげを討たせるためでしたが……ルフィがインペルダウンに侵入し、騒動を起こすことがなかったら、シリュウが牢から出されることもなかったはずです。

したがって、そういう意味でも黒ひげが命拾いをしたのは、この時にルフィがインペルダウンに侵入していたおかげと言えるわけです。

黒ひげとルフィの皮肉な巡り合わせ

シリュウが持ってきた解毒剤で命拾いをした黒ひげ海賊団のヴァン・オーガーは

「貴様がここへ来た事も”巡り合わせ”なのである」

と言っていました。(ワンピース56巻 第549話)

しかし、そう言っていたヴァン・オーガーもまさかシリュウが自分たちの命を救うことができたのが、ルフィがインペルダウンに侵入し、騒動を起こしていたためだったとは気づいていなかったでしょう。

ルフィが、エースを救おうとしてとったインペルダウンへの侵入という行動が、結果としてエースではなく、エースを捕らえた黒ひげの命を救ってしまったということになるわけですね。

ルフィにとっては、なんとも皮肉な運命の巡り合わせだったとしか言いようがありません。

続けて『四皇 黒ひげ5 黒ひげはグラグラの実の能力を奪おうと思っていなかった!?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ