第895話でルフィが発動させるギア4スネイクマンとは?

第895話で最後の切り札ギア4スネイクマンを使うルフィ

※コミックス(単行本)派の方にはネタバレとなることをご承知ください

  新品 ワンピース POP P.O.P Sailing Again MAXIMUM ギア4 弾む男 モンキー・D・ルフィ 受注生産終了品 輸送箱未開封 メガハウス

『ONE PIECE』(ワンピース)第894話はルフィがカタクリとの一騎打ちに決着をつけるための最後の切り札ギア4(フォース)スネイクマンを発動させようとしているところで終わりました。

これまでにルフィはギア4で弾む男(バウンドマン)とタンクマンという形態になってきましたが、第895話でルフィが発動させるギア4スネイクマンとはいかなる形態なのでしょうか?

そして、そのギア4スネイクマンでどんな攻撃を繰り出してルフィは一騎打ちに決着をつけるつもりなのでしょう?

第895話でルフィは誰しもが考えたように蛇のような形態になるのか?

「スネイク」とは「snake=蛇」のことでありルフィのギア4スネイクマンとは蛇のような形態というのは誰しもが考えたことだと思いますが……そのとおりにルフィは第895話で蛇のような形態になるのでしょうか?

ルフィがギア4弾む男(バウンドマン)の形態から繰り出した技の中にゴムゴムの大蛇砲(カルヴァリン)という大蛇の名を冠したものがありました。(ワンピース78巻 第784話)

このゴムゴムの大蛇砲(カルヴァリン)は腕を蛇のように伸ばして繰り出すパンチでした。

そして、ルフィは、このゴムゴムの大蛇砲(カルヴァリン)を繰り出した時に蛇のように伸びた自分の腕を「大蛇(パイソン)」と呼んでいます。

弾む男(バウンドマン)から繰り出す腕を蛇のように伸ばして放つパンチを「大蛇砲」と名付け、蛇のように伸びた自分の腕を「大蛇」と名付けていたルフィが腕だけではなく体全体を蛇のようにしたギア4の形態を「スネイクマン=蛇男」と名付けたということなのでしょうね。

蛇女との戦いを経験しているルフィが第895話では蛇男になる!?

第895話で「蛇男」になると予想されるルフィは「蛇女」との戦いを経験していますよね。

そうです。ヘビヘビの実モデル”アナコンダ”の能力者ボア・サンダーソニアとヘビヘビの実モデル”キングコブラ”の能力者ボア・マリーゴールドとの戦いです。(ワンピース53巻 第518話~第520話)

「蛇男」=「スネイクマン」となったルフィは、「蛇女」たちとの戦いで得た何かを活かすことがあるでしょうか?

   ONE PIECE 53 (ジャンプコミックス)

第895話でルフィはギア4スネイクマンでカタクリにも避けられない攻撃を繰り出す!?

少し未来が見れるカタクリに対してルフィが最後の最後にギア4スネイクマンからの攻撃を繰り出すことにしたのは、その攻撃ならカタクリにも避けられないはずだという確信があったからではないでしょうか?

そうだとすれば、ルフィがそう考えた理由はギア4スネイクマンからなら未来が見れるカタクリでも避けられないような

●超スピードの攻撃

●多方向からの同時攻撃

●避けようがないほど広範囲に及ぶ攻撃

のうちのどれかを繰り出せるからなのではないかと予想します。

【2018年2月11日】

※追記

第895話でギア4スネイクマンを発動させたルフィの姿が蛇のようなものではなかった事が明らかになりました。

【2018年2月19日】

このページの内容と関連性が大きい

『”0時5分”ルフィがカタクリへ繰り出す最後の切り札は!?』

も是非ご覧ください

続けて『ルフィ23 なぜルフィはギア4の新形態をスネイクマンと名付けた?』をご覧ください

ネタバレとはコミックス(単行本)派にとってのネタバレの意味であり、掟破りの週刊少年ジャンプ発売日前の情報暴露を意味するものではありません

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ