ルフィはシャンクスと戦うつもりなのか?

Portrait.Of.Pirates ワンピース Sailing Again モンキー・D・ルフィ Ver.2(アンコール再販) 約220mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア

ルフィは「四皇はおれが全部倒すつもり」と言っているが…

ルフィは、パンクハザードでトラファルガー・ローから同盟を結ぶことを提案されて「お前とおれが組めばやれるかもしれねェ… 「四皇」を一人…!!! 引きずり降ろす”策”がある」と言われた際(ワンピース67巻 第667話)にその四皇がカイドウだとわかると

「ふーん 一人目はシャンクスじゃなきゃ まあいいか!」

「「四皇」はおれが全部倒すつもりだから!!!」

と言っていました。(ワンピース70巻 第696話)

この言葉を素直に受け止めると、ルフィはシャンクスと戦い、倒すつもりでいることになりますが、本当にそうなのでしょうか?

ビッグ・マムと黒ひげは倒すつもりになっていて当然だが…

ルフィが、この時点で四皇のうちのビッグ・マムと黒ひげの二人を倒すつもりになっていたのは当然です。ビッグ・マムに対しては既に魚人島でルフィはケンカを売っていましたし(ワンピース66巻 第651話)、エースを捕らえて世界政府に差し出した黒ひげはルフィにとっては仇敵となっていますからね。

しかし、ルフィがビッグ・マムや黒ひげだけではなくシャンクスとまで戦い、倒すつもりになっていたとなると、これは尋常ではありません。なにしろシャンクスは、ルフィにとって大恩人であり、目標でもある人物ですからね。

無意味な戦いなどしないルフィ

改めて言うまでもないことですが、ルフィは意味もなく誰かと戦ったりする男ではありません。ルフィはこれまでに多くの敵と戦ってきましたが、その戦いには、それぞれ意味がありました。ルフィが意味もなく誰かと戦ったことなど一度としてありはしません。

なにしろルフィは、売られたケンカさえも、そのケンカを買うことには意味がないと思えば買わなかった(ワンピース24巻 第224話~第225話)くらいですからね。

ルフィが無意味な戦いをしないのは、シャンクスが買う意味がないケンカを山賊ヒグマから売られても買わなかったのを子供の頃に目の当たりにした(ワンピース1巻 第1話)ことが影響しているのでしょう。

だから、もしもルフィが本当にシャンクスと戦うつもりでいるとすれば、ルフィにとってシャンクスと戦うことには意味があるということになるはずです。

では、ルフィにとってシャンクスと戦うことの意味とはいったい何なのでしょうか?

約束を守るためにシャンクスと戦うのか?

ルフィは立派な海賊になったことを証明するためにシャンクスに勝たなければならない!?

シャンクスは、子供だったルフィとのフーシャ村での別れの際に「海賊王になってやる!!!」と言い放ったルフィの頭に麦わら帽子を被せながら

「この帽子をお前に預ける」

「おれの大切な帽子だ いつかきっと返しに来い 立派な海賊になってな」

と言っています。(ワンピース1巻 第1話)

ルフィは当然、このシャンクスの言葉を憶えています。そして、シャンクスとの約束を守り、立派な海賊になって預かった麦わら帽子を返しに行くつもりでいるのでしょう。

その証拠にルフィは、バギーに麦わら帽子を傷つけられた時には、「それはシャンクスとの誓いの帽子だ!!!」と叫びながら(ワンピース3巻 第18話)、そして、魚人島から新世界へと旅立つ時には「シャンクスのいる海だ …会いてェなァ」と言いながら(ワンピース66巻 第653話)シャンクスがルフィに帽子を預けた時に言った言葉を思い出しています。

ルフィは、自分が成長し、立派な海賊になったことを証明するために…つまりは、シャンクスとの約束を守るためにシャンクスと戦い、彼を倒したいと思っているのかもしれませんね。

大恩人であり目標でもあるシャンクスだからこそ戦って倒したい!?

ルフィにとってシャンクスは、左腕を犠牲にしてまで自分の命を救ってくれた大恩人です。

そして、「こんな男にいつかなりたいと心から思った」目標でもあります。(ワンピース1巻 第1話)

ルフィは、大恩人であり、目標でもあるからこそシャンクスと戦い、彼を倒したいと思っているということも考えられそうです。

そして、シャンクスと戦い、彼を倒すことが、シャンクスへの恩返しになると思っているのかもしれないですね。

以上のように考えてきた結果、ルフィがシャンクスと戦い、彼を倒すつもりでいたとしても、それがけっして不可解なことではないように思えてきました。

続けて『ルフィ5 ルフィは革命軍とどう関わっていくのか?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ