ナミは支配のない自由な世界を望むはず

世界はひっくり返り、支配のない自由な世界が実現実現する!?

『ONE PIECE』(ワンピース)の物語の終盤で”空白の100年”の謎が解け、”大きな戦い”が起こり、世界がひっくり返り、”支配のない自由な世界”が実現するのではないかと多くのファンが予想しています。

世界をひっくり返したがっていて(ワンピース61巻 第603話)支配に興味のなかった(ワンピース0巻 第0話)海賊王ロジャーの意志を継ぐ男と思われる『ONE PIECE』(ワンピース)の主人公ルフィもまた支配に興味を持っていません。(ワンピース52巻 第507話)

しかし、現在の世界には傲慢で横暴な天竜人が支配者として君臨しているわけですから、やはり”支配のない自由な世界”は実現するのでしょうね。

”ルフィの夢”が【海賊王になる】ことならば、さらにその先の”ルフィの夢の果て”は【世界をひっくり返し、支配のない自由な世界を実現する】なのではないかとも考えられますが……”支配のない自由な世界”が実現することをナミはルフィ以上に望んでいるのではないでしょうか?

ONE PIECE LOG COLLECTION

支配され、自由を奪われてきたナミ

ロジャーと同じ事(船長のあの言葉)を言ってシャンクスを驚かせたり(ワンピース52巻 第506話)将来の夢(と夢の果て?)を語ってサボとエースを唖然とさせた(ワンピース60巻 第585話)時点でルフィが

●支配者というものがいかに傲慢で横暴になるかということ

●支配される者の苦しみ

●自由がいかに素晴らしいものなのか

●自由を奪われた者の苦しみ

などをどれだけ知っていたかは疑問です。ほとんど何もわかっていなかったかもしれませんね。

しかし、ナミは、この全てを非常によく知っていますね。なにしろナミは

●故郷ココヤシ村をアーロンに支配される(ワンピース9巻 第77話~)

●育ての親ベルメールを横暴な支配者アーロンに目の前で殺される(ワンピース9巻 第78話)

●ココヤシ村の人々を人質にとられるようなかたちでアーロンに自由を奪われる(ワンピース9巻 第79話~)

といった体験をしているわけですからね。

ですから、ルフィよりもナミの方がずっと強く【支配のない自由な世界】が実現することを強く望んでいても全く不思議ではないように思えます。

もしもナミに人魚の血が流れていたら…

『ナミは人魚の血をひいている?』のページや『ナミは人魚の血をひく古代兵器ウラヌス!?』のページに書かせていただいたようにナミには人魚の血が流れているのではないかと噂されています。

人魚魚人は人間から差別を受け続けてきましたし、人魚は主に鑑賞目的で高額で売買されてきました。(ワンピース50巻 第491話・ワンピース51巻 第501話)

ですから、もしもナミに人魚の血が流れていることが判明したら、彼女はなおのこと【支配のない自由な世界】の実現を望むのではないでしょうか。

続けて『麦わらの一味 ナミ6 ナミが露出度の高い格好をしている理由』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ