イム様の正体 20人の王の一人? 何千年も生きてきた?

2000ピース ジグソーパズル ワンピース 仲間がいるよ!!(73x102cm)

イム様の正体 五老星・天竜人との関係は?

イム様」の正体について今回は考察したいと思います。

「イム様」と呼ばれる人物は

第906話でマリージョアの奥にある凍てついた部屋に入って行き、マリージョアの国宝ではないかと思われる麦わら帽子の前に立ち

第908話で五老星たちから

「歴史より消すべき”灯”がまたお決まりでしょうか?」

とお伺いを立てられていました。

誰も座ることができないはずの虚の玉座に座り、表向きには世界最高の権力者ということになっている五老星を跪かせ、「イム様」と「様」づけで呼ばれていたのですから……この「イム様」と呼ばれる人物が、ワンピースの世界の本当の最高権力者である事はほぼ間違いないでしょう。

では、このイムなる人物の正体は、どんなものなのでしょうか?

イム様の正体に迫る!! 四つの仮説

イム様の正体 仮説① 800年前に世界政府を作った20人の王の一人

イムの正体として今、一番支持されている説は

『800年前に世界政府を作った20人の王達=創造主の一人』

という説なのではないでしょうか?

実は、当サイトでも他のページに既にこの説を書かせていただいています。

もしも、この説が的中していた場合、天竜人達は、世界政府を作った王達=創造主の子孫たちなわけですから……イムは、天竜人達の祖先、あるいは天竜人の祖先の仲間ということになりますね。

オペオペの実の能力は不老不死を可能とするといいますし、年齢を操作できる能力者ジュエリー・ボニーもいるわけですから、十分に考えられる事だと思います。

イム様の正体 仮説② 800年前よりもずっと以前から生き続け世界を動かし、歴史を操ってきた者

約900年前から約800年前までが「空白の100年」になっていて、800年前に世界政府が作られたわけですが……

イムが本当にずっと昔から生き続けてきたのだとしたら、それは、世界政府が作られた800年前や「空白の100年」が始まった900年前よりもずっとずっと昔からだったということも考えられますよね。

イムの正体は、「空白の100年」が始まるよりもずっと以前から世界を動かし、歴史を操ってきた人物であり……20人の王達に「巨大な王国」を滅ぼさせ、世界政府を作らせたのも実はイムだったのかもしれません。

そして、イムが、自分の手駒とし、表向きの世界最高権力者とするために長の年月を生き続けさせる者として20人の王達の中から選んだのが五老星だった……などという事も考えられるのではないでしょうか。

Japanese Anime One PieceルフィゾロMami Usopp Sanji – High Gradeラミネート加工ポスター

イム様の正体 仮説③ 他の天体から来た者=宇宙人 

滅ぼされた巨大な王国の者達は月から来た者達であり、Dの一族は、その末裔であるという説がありますよね。

エネルが月に行き、文明の痕跡を見つけているわけですから、そういう説が出てくるのも当然です。

また、エネルが宇宙海賊と戦っていたこともあるくらいですから、ワンピースには既に別の天体からの来訪者=宇宙人が登場しているとも言えます。

となれば……表向きの支配者=五老星のさらに上に立つ真の支配者イムの正体が宇宙人ということもまた考えられそうですよね。

イム様の正体 仮説④ 人工知能・人工生命

悪魔の実は、おそらく優れた科学力の産物なのではないかと思います。

Dr.ベガパンクの科学力は、これから人類が500年をかけて到達する域にあると言われていますが(ワンピース50巻 第485話)……

そのDr.ベガパンクでさえ悪魔の実を完全に再現すること(造り出すこと)はできずにいるようですから、ワンピースの世界には、現在の人類が500年かけて到達する域以上の科学力を持つ何者かが、かつていた可能性は高いと思います。

ですから、イムの正体が、優れた科学力が生み出した人工知能や人工生命で、何千年も昔、あるいは、それ以上の気が遠くなるような昔からずっと歴史を操り続けてきたなどということも考えられるのではないでしょうか。

【2018年6月21日】

この記事と関連性が大きい

『イム様の目が鷹の目のミホークや象主に似ている事が持つ意味』

『イム様は天竜人の最高位=五老星の上のたった一人の王』

『イムがルフィ・しらほし・ビビ・黒ひげを消す理由は古代兵器?』

も是非ご覧ください

続けて『作品世界考察 イムがマリージョアの国宝・秘密の宝だった!?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ