ワノ国の将軍・黒炭オロチとは? ヤマタノオロチの能力者?

  【集英社】ONE PIECE ワンピース 尾田栄一郎 高級複製原画 ス―パー歌舞伎Ⅱ 隈取りルフィ セブン&アイ限定Ver.

ワノ国の将軍の名が黒炭オロチであると第909話で判明

ワノ国将軍の名が黒炭オロチであると判明しました!

ワンピースの物語がワノ国編に突入した第909話で錦えもんが

「将軍の名は「黒炭オロチ」!!」

と言っていたことによってです。

では、この黒炭オロチという名が判明したワノ国の将軍は、いったいいかなる人物なのでしょうか?

そして、黒炭オロチはヤマタノオロチ(八岐大蛇)の能力者ではないかという説が出ていますが、それは当たっているのでしょうか?

現時点(ワノ国編が開幕したワンピース第909話が週刊少年ジャンプに掲載された時点)で可能な限りの推察・予想をしていってみたいと思います。

なぜカイドウはワノ国の将軍・黒炭オロチと手を組んだのか?

ワノ国の将軍・黒炭オロチは四皇・百獣のカイドウと手を組んでいるわけですが……なぜカイドウは将軍・黒炭オロチと手を組んだのでしょうか?

もちろん、カイドウが将軍・黒炭オロチと手を組む事にメリットがあると判断したからというのは間違いないでしょうが……

もしも、将軍・黒炭オロチがたいした力を持っていなければ、カイドウは彼と手を組んだりはせず、彼を殺すなりワノ国から追放するなりしてワノ国をの乗っ取ってしまったのではないでしょうか?

ですから、カイドウが将軍・黒炭オロチと手を組むことにしたのは、黒炭オロチが権力者であるだけではなく、何らかの強大な力を持っていたためなのではないかと推察することもできます。

ワノ国の将軍・黒炭オロチはヤマタノオロチ!?

  ワンピース 扉絵のれん(歌舞伎)

ワノ国の将軍・黒炭オロチは幻獣種ヤマタノオロチの能力者?

上記の推察が的を射ていて、黒炭オロチが権力者であるだけではなく、何らかの強大な力を持っているのだとすれば……

その力とは悪魔の実の能力であり、黒炭オロチは、あのカイドウでさえ一目置くような強大な能力者なのかもしれませんね。

以前、私は

主君である光月おでんをワノ国の将軍とカイドウによって処刑されている(ワンピース82巻 第818話)錦えもんが竜(ドラゴン)のことを

「親の仇……!! 同然にござる!!!」

と言っていたのは、ワノ国の将軍かカイドウのどちらかが、竜(ドラゴン)もしくは竜(ドラゴン)を思わせる何らかの要素を持っていたためではないか

という推察を展開させて、カイドウが竜なのではないかという説を『最強の生物=百獣のカイドウは鬼にして竜!?』のページに書いていましたが……

●竜はカイドウではなく将軍・黒炭オロチの方

●カイドウと将軍・黒炭オロチは二人とも竜だった

ということも考えられそうです。

「オロチ」とは大蛇のことですが、将軍・黒炭オロチは幻獣種の悪魔の実を食べ、竜のような姿の大蛇、あるいは大蛇のような竜に姿を変えられるようになった能力者なのかもしれないですね。

一部のワンピースファンの方達は、将軍・黒炭オロチは幻獣種の動物(ゾオン)系悪魔の実を食べヤマタノオロチ(八岐大蛇)の力を得た能力者ではないかと考えているようですが……私もその可能性は十分にあるのではないかと思います。

ワノ国の将軍・黒炭オロチが竜(ヤマタノオロチ)でカイドウは鬼!?

ワノ国編の物語は昔話・桃太郎をモチーフにしたものになるのではないかと多くのワンピースファンが推察・予想しています。

私も以前、ワノ国編の物語が昔話・桃太郎をモチーフにしたものになるという予想に基づいて『ルフィはカイドウとの戦いで桃太郎の猿の役割を担うのか?』という記事を書かせてもらっていますが……

推察・予想が当たってワノ国編の物語が昔話・桃太郎をモチーフにしたものになった場合には、当然、ワノ国編のラスボスは「鬼」をモチーフにした者ということになるはずですよね。

その「鬼」がカイドウである可能性は非常に高いでしょうから、将軍・黒炭オロチが「竜」「八岐大蛇」であるとすれば……将軍・黒炭オロチはワノ国編の中ボスということになるのかもしれませんね。

【2018年7月2日】

この記事と関連性が大きい

『ワノ国をかつて光月家が治めていたと914話で判明』

『ゾロがリューマに貰った秋水で斬る竜はカイドウか将軍オロチ!?』

『ゾロがワノ国でどんな活躍を見せてくれるかを予想』

『ワノ国での物語の展開を桃太郎を踏まえて予想』

『ワノ国編でカイドウか黒炭オロチをモモの助が討つ!?』

も是非ご覧ください

続けて『作品世界考察 ワノ国の将軍・黒炭オロチとカイドウが手を組んだ理由』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ