ロックスの復活とはビッグ・マムとカイドウが手を組む事?

    ワンピース フィギュア ビッグマム 雷雲ゼウス 太陽プロメテウス ホールケーキアイランド 四皇 武装色 海外 リペイント

船長を失っても力を増してるロックスが復活するってどういうこと?

ロックス復活とは、何が起きることを意味しているのでしょうか?

ビッグ・マムカイドウが手を組むことなのでしょうか?

そして、ロックスが船長を失っても力を増しているというのは、いったいどういうことなのでしょうか?

ロックスについて話していた時にヒナとガープは

「船長を失っても力は増してるわ ヒナ心配」(ヒナ)

「心配などムダじゃ!! 復活すりゃ脅威じゃが 事件は必ずわしらの想像を越えてゆく」(ガープ)

と言っていました。(ワンピース 第907話)

船長を失っても力を増しているというなら「ロックス」なる存在は、現在も存在し続けているように思えますが……「復活すりゃ脅威」と言うからには、現在は存在していないということなのでしょうか?

でも、存在していないのに「力は増してる」ってあり得るんでしょうか?

何がなんだかわからなくて頭が混乱してきてしまいますが……ロックスの復活とは何を意味し、復活以前からロックスが力を増してるとは、どういうことなのかを考えていってみましょう!

「船長を失っても力は増してる」とは船長はいなくなってもロックスの一員だったビッグ・マムやカイドウの力は増してるという意味か?

ヒナとガープが

「-でもガープ君……!! ビッグ・マムとカイドウと言えば あなたが海軍の「英雄」と呼ばれるゆえん」(ヒナ)

「-「ロックス」か……!! ヒナ お前 若いのによう 知っとるのう」(ガープ)

と言っていた(ワンピース 第907話)ことから推察されるのは、ロックスとは海賊団、あるいは海賊同盟の名前であり、ビッグ・マムとカイドウは、ロックス海賊団か海賊同盟ロックスの一員だったということですよね。

もしも、そのとおりだとすれば、ヒナが言っていた「船長を失っても力は増してる」という言葉は

●ロックス海賊団の船長はいなくなったが、ロックス海賊団のメンバーだったビッグ・マムやカイドウの力は、ロックス海賊団在籍時代よりも増している

●海賊同盟ロックスをまとめていた船長はいなくなったが、海賊同盟ロックスを構成していたビッグ・マムやカイドウの持つ力は、ロックス時代よりも強大なものになっている

という意味だったと考えることができますね。

ロックス復活が成るのはビッグ・マムとカイドウが手を組んだ時!?

ONE PIECE/ワンピース/フィギア/カイドウ/[In stock ]New One Piece Gk resin SFY Kaido Statue POP scale limited 45CM

ロックスの復活とはビッグ・マムとカイドウが手を組む事なのか?

上記の推察が的を射ていて、ロックスとは海賊団か海賊同盟の名前であり、その「力は増してる」とは、かつてロックスの一員だったビッグ・マムやカイドウの力が増しているという意味だったとしたら……

どのようになった場合、ロックスは復活したことになるわけでしょうか?

「ロジャーの前は間違いなく奴らの時代じゃった!! -しかし もう40年も前の話 過去は過去じゃ!」

と言っていたガープが、その後で

「復活すりゃ脅威じゃが 事件は必ずわしらの想像を越えてゆく」

と言っていたわけですから(ワンピース 第907話)ガープは、40年も前の過去の存在であるはずのロックスが復活する可能性があると考えているわけでしょう。

ならば、海賊団か海賊同盟ではないかと思われるロックスが、どうしたら復活したことになるわけでしょうか?

今は、それぞれ四皇として君臨し、新世界にナワバリを持っているビッグ・マムとカイドウが、かつてのロックス時代のように力を合わせ、協力するようになったら、それは大きな脅威となり、世界政府や海軍にとっては大きな事件であると考えてガープは「復活すりゃ脅威じゃが 事件は必ずわしらの想像を越えてゆく」と言っていた……そう考えることができると思います。

ビッグ・マムとカイドウが手を組み、復活したロックスこそがルフィ達の前に立ちはだかる過去最大の敵!?

2017年12月に行われたジャンプフェスタ2018のスーパーステージで読み上げられた尾田栄一郎先生のメッセージの中に

来年中には皆さんにONE PIECEの世界に潜む伝説を一つ紹介する事になるでしょう。それはルフィ達にとって過去最大の敵となって我々の前に立ちはだかって来る事になります。白ひげが関係してくるかも知れません。あ、しゃべりすぎました。

頂上戦争? アレがかわいく見えてくるなんて信じられますか?

という部分があります。

上記の考察が的を射たものとなっていた場合、ワンピースの世界に潜む伝説の一つとは、ロックスのことであり、ビッグ・マムとカイドウが手を組むことによって復活したロックスが、ルフィ達の前に過去最大の敵として立ちはだかることになるのかもしれませんね。

そして、ビッグ・マムとカイドウが手を組んで復活した伝説の存在ロックスに対して忍者海賊ミンク侍同盟と麦わら大船団、白ひげ海賊団の残党達、さらにその他の者達が力を合わせ、戦うようになったとしたら……

その戦いのスケールは、たしかにマリンフォード頂上戦争さえもかわいく見えてくるものになってくるかもしれないですね。

【2018年7月11日】

この記事と関連性が大きい

『ロックスの正体 ROCKS海賊同盟? 海賊団?』

『ロックスが過去最大の敵? シャンクスやガープとの関係は?』

『ワノ国編の敵はカイドウ? ビッグ・マム? ロックス?』

も是非ご覧ください

続けて『作品世界考察 お玉(くの一志望・きびだんごの能力者)がワノ国の鍵!?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ