お玉(くの一志望・きびだんごの能力者)がワノ国の鍵!?

  One piece―尾田栄一郎画集 (Color walk 1) (Jump comics deluxe)

くの一志望・お玉はワノ国編の鍵を握る重要キャラ!?

911話でルフィと出会った少女・お玉は、ワノ国編の鍵を握る人物になりそうですね。

お玉がワノ国での物語の鍵を握っていそうだと考える理由は

くの一がワノ国編では仲間になると多くのワンピースファンが予想していたが、お玉はくの一志望の少女

●ワノ国編は桃太郎オマージュになると予想されてきたが、お玉は、昔話『桃太郎』の重要アイテムである”きびだんご”を作れる能力者

●お玉は、「また来る」と約束したエースがやって来るのを待っていたが……エースの義弟であるルフィとは元々縁があった

●ワノ国編の超重要人物・モモの助とは同年代

などなどといったところになります。

お玉の”きびだんご”で忍者海賊ミンク侍同盟の戦力が大幅アップ?

お玉は、自分のほっぺたから取った”きびだんご”を食べさせることによって動物を仲間にすることができる能力者ですが……

お玉が、ルフィ達の忍者海賊ミンク侍同盟に加われば、その”きびだんご”を使って同盟の戦力を大幅アップさせることが可能になるのではないでしょうか?

お玉が911話で仲間にした狒々・ひひ丸は、ルフィ相手にはすぐに怖気づいてしまっていましたが、百獣海賊団の者が「ウチの自慢の用心棒」と言っていたくらいですから、百獣海賊団でそれなりに戦力になっていたことは間違いありません。

ですから、ひひ丸の同族=狒々を何匹も仲間にできれば、それなりの戦力になりそうですし……ワノ国に狒々よりもずっと強い動物がいれば、お玉の”きびだんご”でその動物を仲間にすることも可能でしょう。

お玉が既に仲間にしている狒々・ひひ丸が『桃太郎』の猿、狛犬・狛ちよが『桃太郎』の犬の役割を担うなら、これから『桃太郎』の雉の役割を担う者もお玉が”きびだんご”で仲間にするはずですが……

ワノ国に伝説の生物=竜がいた場合、もしも、お玉の”きびだんご”を食べさせることができれば、その竜を仲間にすることだって可能かもしれませんね。

お玉(くの一志望・きびだんごの能力者)の謎はワノ国の謎

  ONE PIECE COLOR WALK 3―尾田栄一郎画集 LION (ジャンプコミックスデラックス)

お玉が天狗の恰好をした師匠と一緒にいる事とワノ国の闇

お玉は、彼女が「お師匠様」と呼ぶ天狗の恰好をした人物と2人で暮らしているようですが、お玉が

「おら将来ようえんな くの一になるんでやんす!」

と言っていたことから判断して、おそらく「お師匠様」と呼ばれる人物は、彼女をくの一として育てることができる者なのでしょう。

となれば、やはり忍者ということになりますかね。

お玉が住む山にもかつては村があったようですが、現在はなくなってしまい、山の中に住んでいるのは、お玉と師匠だけのようです。

お玉が他の土地に移り住もうとしないのは、「また来る」と約束したエースを待っていたからですが……師匠までがお玉に付き合い、山に残っているのはなぜなのでしょうか?

お玉が、優れたくの一になれる抜群の才能を持っているからだとか、お玉の”きびだんご”の能力を利用しようとしているからなどとは考えられないですよね。

おそらく師匠には、お玉を見守り、育てなければならない何らかの理由があるのでしょう。

また、師匠が天狗の恰好をして素顔を隠している事もいかにも訳ありという感じがします。

師匠には素顔を隠さなければならない理由があり、お玉には、その師匠に見守られ、育てられる理由がある……その二つの理由は、「カイドウ+将軍・黒炭オロチと光月家の戦い」に関わってくるものなのではないでしょうか?

お玉と師匠が住んでいるのが九里なだけに二人が実は光月家と大きく関わる人物、あるいは光月家の人間ということも十分に考えられると思います。

(※お玉が911話で百獣海賊団の者達に光月家の”侍者(おもと)”として扱われていたのは「光月家が帰ってきたら覚えてろ!!!」と言ってしまったためであって、実際に彼女が光月家の侍者というわけではないはずです)

そうだとすれば、お玉が活躍し、彼女についての謎が解明されていくにしたがってワノ国の謎も解明されていくことになりそうですね。

【2018年7月16日】

この記事と関連性が大きい

『お玉の悪魔の実の能力がカイドウ&黒炭オロチ戦の趨勢を左右』

『エースはワノ国をなぜ訪れ、お玉と何を約束したのか?』

『911話 ルフィがエースを待っている少女・お玉を救う!』

『桃太郎の猿はルフィでなく狒々・ひひ丸? 犬は狛犬・狛ちよ?』

も是非ご覧ください

続けて『作品世界考察 エースは生きている? 死んでいない? 死んで復活した?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ