エースはワノ国をなぜ訪れ、お玉と何を約束したのか?

    ONE PIECE ワンピースステッカー 42cm×29.7cm(A3サイズ) 手配書エース

お玉と出会った時にエースが笠の作り方を習うためにワノ国を訪れていたとは思えない

911話でエースが、くの一志望の少女・お玉に「また来る」という約束をしていた事が明らかになりましたが、お玉と出会った時、エースは、いったいなぜワノ国を訪れていたのでしょうか?

ワノ国を訪れた際に笠の作り方を習ったエースは、完成させた笠をリトルオーズJr.にプレゼントしていましたが(ワンピース57巻 第555話)まさか笠の作り方を習うためにワノ国を訪れたというわけではないでしょう。

何か別の目的があって訪れたワノ国でお玉と出会い、笠の作り方を習うことになったというところだと思われます。

お玉と出会った時にエースがワノ国を訪れていた理由は?

エースが、お玉と出会った時にワノ国を訪れていた理由として考えられそうなことは……

●鎖国国家・ワノ国の状況を探りにやって来ていた

●白ひげの船に乗っていた事もある光月おでん(ワンピース82巻 第820話)の様子を見に来た

●「SMILE」によって能力者を増やしている百獣海賊団の様子を探りにやって来ていた

●白ひげ海賊団と百獣海賊団の間で争いがあって、エースは百獣海賊団のある部隊と戦うためにワノ国にやって来ていた

といったもので、白ひげ海賊団の一員としてエースはワノ国を訪れていたという事になってくるのではないでしょうか。

既に白ひげ海賊団の一員となっていたであろうエースが、気まぐれにフラッとワノ国を訪れていたということは考えにくいですからね。

白ひげ海賊団にはエースよりもワノ国に詳しいはずのイゾウもいたが…

白ひげ海賊団にはワノ国出身ではないかと思われる16番隊隊長イゾウもいますので、ワノ国に潜入して行う任務ならエースよりも彼の方が適任だったのではないかとも思えますが……

もしかしたら、イゾウをワノ国に行かせるわけにはいかない何らかの事情があり、白ひげはエースをワノ国に行かせるようにしたのかもしれません。

また、侍の国=ワノ国に関心があったエースが、自らワノ国行きを買って出たということも考えられそうですね。

エースがお玉とした約束をルフィが果たす!?

    ワンピース  高級木製フォトフレーム  ポスター エース 1

エースはお玉とどんな約束をしたのか?

エースが「また来る」という約束をお玉にしていた事は911話で明らかになっていますが……エースが、お玉にしていた約束は「また来る」という事だけではなかった可能性が高そうですよね。

以前はあった村がなくなっても、お玉が山の中でエースのことを待ち続けていたのは、エースが再びやって来た時に何かをすると約束していたからなのではないでしょうか?

エースが、お玉と出会った頃、既にカイドウが将軍と手を組み、ワノ国を制圧しつつあったとしたら、ワノ国では多くの人々が悪政に苦しめられるようになっていたはずです。

そうだとすれば、エースはカイドウか将軍(または、その両方)を倒してやるとお玉に約束をしていたのかもしれませんね。

しかし、その後、エースは黒ひげを追いかけることになり、その黒ひげに敗れ、世界政府に引き渡され、マリンフォード頂上戦争の戦場で死んでしまったため、お玉との約束を守ることができなかった……そういうことなのかもしれません。

エースがお玉としていた約束をルフィが引き継ぐ!?

もしも、上記の推察が的中していた場合、ルフィ達は、エースが果たすことができなかったお玉との約束をエースに代わって果たすことになりそうです。

なにしろルフィ達=忍者海賊ミンク侍同盟の者達は、カイドウと将軍を倒し、鎖国国家・ワノ国を開国させようとしているわけですから……

ルフィ達=忍者海賊ミンク侍同盟が目的を達成した時には、エースが果たせなかった約束は、エースの代わりにルフィ達によって果たされたことになります。

エースがカイドウか将軍(または、その両方)を倒すという約束をお玉としていたことを知ったルフィが、エースがしていた約束を義弟である自分が必ず果たすとお玉に誓うのかもしれませんね。

【2018年7月18日】

このページの内容と関連性が大きい

『エースは生きている? 死んでいない? 死んで復活した?』

『お玉(くの一志望・きびだんごの能力者)がワノ国の鍵』

『911話 ルフィがエースを待っている少女・お玉を救う!』

『912話~予想 バジル・ホーキンスとルフィ 激突必至か?』

も是非ご覧ください

続けて『作品世界考察 912話 お玉の師匠の天狗の恰好をした男は刀鍛冶だった』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ