キャロットたちミンク族の真の力は満月が引き出すのか?

第886話でキャロットは「今夜は「満月」かなあ」と言っていた

※コミックス(単行本)派の方にはネタバレとなることをご承知ください


「今夜は「満月」かなあ」

第886話『生き様でちゅよ』でキャロットはチョッパーに突然そう訊いていました。

ONE PIECE ワンピース 18THシーズン ゾウ編 piece.2 [Blu-ray]

キャロットがなぜ突然そんなことを訊いてきたのかがわからないチョッパーは「ん??」としか言えずにいましたが……突然、キャロットがそんな事を言い出した事にはきっと重大な意味が隠されているに違いありません。

満月がミンク族の「真の力」を引き出すのか!?

百獣海賊団のジャックの軍団にさんざんな目に遭わされたモコモ公国の昼の王・イヌアラシが

「奥の手もある ー次 戦うならミンク族の”真の力”を見せてくれる!!!」

と言っていたことがあります。(ワンピース82巻 第819話)

イヌアラシが言っていたミンク族の「真の力」とは満月によって引き出されるもので、キャロットが今夜が満月かどうかを気にしていたのは、そのためなのでしょうかね。

ワンダの言葉も満月がミンク族の「真の力」を引き出す事を裏付けている!?

『第886話『生き様でちゅよ』でルフィ対カタクリの決着が見えてきた』のページにも書かせていただいたのですが、ワンダの言葉もミンク族の「真の力」が満月によって引き出される事を裏付けているように思えます。

ゾウにやって来たルフィたちがミンク族に攻撃されかけた後でワンダがルフィに言っていた

「-今が月夜でなかった事に感謝しろ」

という言葉(ワンピース80巻 第805話)がです。

ワンダは、【もしもゾウにやって来たのが月夜だったら、ルフィたちはもっともっと大変な目に遭っていた】という意味でこう言っていたのでしょうからね。

ミンク族の力は月夜になると増し、彼らが最大の力=「真の力」を発揮するのは満月が出ている時ということなのではないでしょうか。

満月が引き出すミンク族の「真の力」とはどのようなものなのか?

では、満月によって引き出されるミンク族の「真の力」とはいったいどのようなものなのでしょう?

パワーやスピードが飛躍的にアップし、それに伴い戦闘力がアップするなどということも考えられそうですが……そういう、いわば常識的な戦闘力のアップとは全く違うものだということも考えられそうですね。

尾田栄一郎先生がリスペクトする鳥山明先生は『ドラゴンボール』で悟空たちサイヤ人が満月を見ると大猿の姿になるようにしていましたね。

もしかしたら、ミンク族も満月の時には、その姿を大きく変え(戦闘用の形態?)トンデモない力を発揮するようになるのでしょうかね。

満月の下でミンク族の「真の力」を発揮するキャロットの活躍も楽しみだが…

満月の下、ミンク族の「真の力」を発揮してビッグ・マム海賊団を相手に大活躍をする事をキャロットには期待します。

でも、期待したいのはホールケーキアイランド編でのキャロットの活躍だけではありません。

おそらく私たちは、イヌアラシやネコマムシがミンク族の「真の力」を発揮するところも、いつの日か目撃することになるのでしょうからね!

【2017年11月27日】

※追記

『ONE PIECE』(ワンピース)第888話でミンク族の真の力が満月によって引き出されることが明らかになりました

【2017年12月11日】

続けて『作品世界考察 ベッジとシフォンの生き様から見えてくるもの』をご覧ください

ネタバレとはコミックス(単行本)派にとってのネタバレの意味であり、掟破りの週刊少年ジャンプ発売日前の情報暴露を意味するものではありません

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ