緑牛・藤虎は革命軍の軍隊長達と本気で戦ったのか?

 Portrait.Of.Pirates ワンピース Sailing Again 海軍本部大将 藤虎【イッショウ】

黒ひげの言によって革命軍軍隊長と緑牛・藤虎の激突が判明!

海賊島ハチノスに乗り込んできたゲッコー・モリアに黒ひげマーシャル・D・ティーチが

「今朝の新聞を読んだか!! 退屈しねェよなァ!! 「世界会議(レヴェリー)」4日目にして「革命軍」の軍隊長共が”くま”奪還の為 ついに聖地マリージョアで海軍大将”緑牛”と”藤虎”とぶつかったそうだ!!!」

と言っていたことによって、緑牛・藤虎と革命軍の軍隊長が衝突していた事が明らかになりました。(ワンピース 第925話)

革命軍の参謀総長サボと西軍軍隊長モーリー、南軍軍隊長リンドバーグ、北軍軍隊長カラスがマリージョアに潜入し、天竜人への宣戦布告とバーソロミュー・くま救出を行おうとしている事(ワンピース90巻 第908話)…

そして、そのマリージョアに海軍本部大将である緑牛と藤虎がいる事(ワンピース90巻 第905話)はわかっていました。

ですから、両者の激突は十二分に予想できた事ではありますね。

革命軍軍隊長と緑牛・藤虎が激突したというと参謀総長サボは?

新聞で情報を得ていた黒ひげが

「「革命軍」の軍隊長共が”くま”奪還の為 ついに聖地マリージョアで海軍大将”緑牛”と”藤虎”とぶつかったそうだ!!!」

と言っていたわけですから、緑牛・藤虎と激突したのは、革命軍の軍隊長達だけだったのでしょうか?

そうだとすれば、軍隊長ではなく革命軍の参謀総長であるサボは、緑牛・藤虎とは激突していないということになりそうです。

しかし、絶対にそうだと決めつけるのは、どうかとも思います。

なぜならば、黒ひげが「革命軍の参謀総長サボと軍隊長達」のことを「「革命軍」の軍隊長共」と言っていた可能性もあるように思えるからです。

とはいえ、黒ひげが言っていたことを言葉どおりに受けとめれば、緑牛・藤虎と激突したのは軍隊長達だけで、参謀総長サボは緑牛・藤虎と激突していないということになるわけですが……

実際のところはどうなのでしょうかね?

革命軍の軍隊長相手に緑牛・藤虎は本気にならない!?

 300ピース ジグソーパズル ONE PIECE 革命軍No.2 サボ(26x38cm)

緑牛・藤虎は革命軍の軍隊長達と本気で戦いそうにない?

藤虎は、王下七武海の制度を撤廃させようとしていることなどからもわかるように現在の世界政府や海軍のあり方に納得していないようです。

藤虎は、強者であるために世界徴兵によって海軍本部大将の座に就いた(就かされた)わけですから、それは別におかしなことではありません。

ですから藤虎が革命軍にシンパシーを抱いていたとしてもけっして不思議ではないはずです。

また、現時点では第905話(ワンピース90巻)に登場しただけの緑牛もその第905話での言動は何を考えているのかよくわからないものばかりでしたので…

革命軍にシンパシーを抱いているか否かはともかくとしても革命軍と本気で戦おうとしなかったとしても不思議ではないように思えます。

したがって、緑牛・藤虎が革命軍の軍隊長達と激突したといっても……

立場上、革命軍の軍隊長と戦わないわけにはいかないので仕方なく一応戦いはしたが、緑牛も藤虎も全く本気は出していなかったということは十分に考えられると私は思うのですが……

皆さんはどう思われますか?

【2018年12月2日】

このページの内容と関連性が大きい

『緑牛・藤虎と激突したドラゴン達革命軍にガープが加勢する!?』

も是非ご覧ください

続けて『ルフィ1 シャンクスを驚かせたルフィの「あの言葉」とは何なのか?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ