トップ > 四皇PART1 > シャンクス

バルトロメオに旗を燃やされたシャンクスはどう動く?

赤髪海賊団の旗を燃やしてしまったバルトロメオ

ジャンプ派の皆さんは既にご存知のはずですが、扉絵連載(短期集中表紙連載)でたいへんなことが起こってしまいましたね!!

いえ、起こってしまったというより、やってくれちゃいましたね……バルトロメオの奴が……よりによって赤髪海賊団の旗を燃やしてしまうとは……。

300ピース ONE PIECE 人食いのバルトロメオ (26x38cm)
   

四皇の海賊旗が新世界においてどれだけ重要で意味のあるものになっているかは

●かつて白ひげエドワード・ニューゲートが、白ひげ海賊団の海賊旗を立て、自分のナワバリと主張することによって島々を守っていた

●ビッグ・マム海賊団が海賊旗によってビジネスを行っている

といったことによって明らかになっていましたよね。

それなのにバルトロメオは、四皇シャンクスが率いる赤髪海賊団の海賊旗をなんと燃やしてしまいました。(ワンピース第875話のトビラ)

これに対して、シャンクスはどのような反応を示すのでしょうか?

そして、『ONE PIECE』(ワンピース)の物語の展開にどのような影響が出てくるのでしょうか?

考えていってみることにしましょう。

シャンクスはたいていの事は笑って見過ごす男だが…

ルフィが子供の頃、フーシャ村を拠点にしていたシャンクスは、マキノの酒場で山賊ヒグマに酒を頭からかけられても笑っているだけでした。

しかし、ヒグマがルフィを傷つけた時には

「いいか山賊… おれは酒や食い物を頭からぶっかけられようが つばを吐きかけられようが たいていの事は笑って見過ごしてやる ………だがな!! どんな理由があろうと!! おれは友達を傷つける奴は許さない!!!!」

と言っていました。(ワンピース1巻 第1話)

   
ワンピース 赤髪海賊団 ビッグタオル
   

シャンクスがたいていの事は笑って許す男だということが、この事によってわかったわけですが……今回、問題になるのは、赤髪海賊団の海賊旗を燃やされた事が、シャンクスにとって許せる範囲の事なのか、それとも、そうではないのかという事です。

海賊旗を燃やされても、それを許していたら四皇は務まらない!?

おそらくシャンクスは、かつての白ひげと同じように海賊旗によって新世界の多くの島々を守っているのではないでしょうか。

そうだとすれば、海賊旗を燃やされても、それを笑って許してしまっていては、島々を海賊旗によって守ることができなくなってしまう事になるはずです。

なぜならば、海賊旗は赤髪海賊団の象徴ですから、それを燃やされても笑って許していたら、シャンクスと赤髪海賊団の威厳を失墜させてしまうはずだからです。

シャンクスと赤髪海賊団の威厳が失墜してしまったら、赤髪海賊団の海賊旗によって島々を守ることもできなくなってきてしまうかもしれませんよね。

したがって……「酒や食い物を頭からぶっかけられようが つばを吐きかけられようが たいていの事は笑って見過ごしてやる」と言っていたシャンクスも赤髪海賊団の海賊旗を燃やされて、それを笑って許してやるわけにはいかないはずだと思うのです。

バルトロメオが海賊旗を燃やした事がルフィとシャンクスの衝突を招くのか!?

シャンクスが、赤髪海賊団の海賊旗を燃やしたバルトロメオに制裁を与えようとしたら、そのことが、シャンクスとルフィの衝突を招くということも考えられなくはありません。

なにしろルフィは親分として盃を受けはしませんでしたが、バルトロメオは、キャベンディッシュ、首領(ドン)・サイ、イデオ、レオ、ハイルディン、オオロンブスとともに子分盃を飲み、麦わらの一味の傘下に加わっていますからね。(ワンピース80巻 第799話)

「「四皇」はおれが全部倒すつもりだから!!!」

と言っていた(ワンピース70巻 第696話)ルフィが、その言葉どおりにシャンクスのことも倒すつもりだったとすれば、ルフィにとってバルトロメオはシャンクスと戦うキッカケを作ってくれた男ということになりそうです。

しかし……本当にそんな物語の展開はアリでしょうか?

可能性が高いか低いかはともかくとして、アリかナシかといえば、アリなのかもしれません。

『ルフィはシャンクスと戦うつもりなのか?』のページに書かせていただいたようにルフィがシャンクスと戦い、倒すつもりになっていたとしても不思議ではないと思います。

それは、ルフィが、シャンクスと戦い、彼を倒すことがシャンクスへの恩返しになると考えていることもあり得るだろうからです。

続けて『四皇 シャンクス6 シャンクスが麦わら帽子をシンボルにしなかった理由』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ