『生き様でちゅよ』でルフィ対カタクリ決着が見えてきた

『生き様でちゅよ』あらすじ 

※コミックス派の方・アニメ派の方にはネタバレとなる事をご承知ください


『ONE PIECE』(ワンピース)第886話『生き様でちゅよ』のあらすじは

●船上でケーキを完成させるために港にケーキを運ぼうとするプリンたち(サンジは変装によって正体を隠している)をオーブンが、ママはこの島で迎え撃つと聞いていると言って止めたが、「この「ショコラタウン」に暴れるママを上陸させるつもり!? ペロス兄さんと連絡を取れば海上で合流できる!!」というプリンの言葉を聞いて納得する。

●しかし、オーブンは、突然シフォンに襲い掛かり、「妹をこの手にかける事になるとは…」と言って「女王を殺そうとした”反逆者”」としてシフォンを始末しようとする。

●サンジは、自分が戦い、正体がバレたらプリンまでが反逆者になってしまうためにシフォンを助けられずにいたが、いよいよ後先の事を考えられなくなった時にオーブンに立ち向かったのは、パウンドだった。

●パウンドではオーブンに全く歯が立たないが、サンジが誰にも気づかれない速度で動いてシフォンを隠す。だが、シフォンはすぐに見つかってしまうが、その時、ベッジがカカオ島に向かっているという連絡がオーブンに入る。

●オーブンは、シフォンを捕らえた事を拡声器でベッジに知らせ、港から上陸し降伏するように迫るが、シフォンはベッジたちに逃げるように言い、さらに「ママに嫌われて……!! あんた達だけが本当の家族だった!! -だからいつか…!! 私の”仇”を討ってよ!!!」と叫び、ファイアタンク海賊団の者たちの涙を誘う。

●ベッジはオーブンに対して発砲し、その腕に抱えた愛息ペッツに「目に焼きつけろペッツ これがパパの生き様でちゅよ!!!」と語りかける。それを見てサンジは「やるじゃねェか!! どう出る? つき合うぜベッジ!!」と言っていた。

●サニー号ではジンベエが砲撃の準備を促す。それに従っていたチョッパーにキャロットが何か意味ありげに「今夜は「満月」かなあ」と訊いていた。

●ナッツ島に現れたルフィは、その後、ブリュレを連れ、鏡世界(ミロワールド)を通ってチップスタウン、オシムナタウン、グリーンタウンに現れていた事が判明。

●ルフィとブリュレの会話で、ルフィが覇気は消耗するものだから、長期戦になればカタクリの見聞色の覇気も弱くなる事を確信している事がわかる。

●しかし、ルフィは「-でも それじゃダメだ!!」と言う。覇気は実戦の極限状態にこそ更に開花するとシルバーズ・レイリーから聞いていたルフィは、強敵カタクリとの戦いによって、カタクリを超える強さを手に入れたいと考えていたのだった。

というものでした。

この第886話『生き様でちゅよ』の内容を踏まえて『ONE PIECE』(ワンピース)の物語の今後の展開を予想していってみましょう。

フィギュアーツZERO ONE PIECE モンキー・D・ルフィ -ONE PIECE FILM GOLD Ver.- 約120mm PVC&ABS製 塗装済み完成品フィギュア

『生き様でちゅよ』の内容からカタクリの敗北を予想

『生き様でちゅよ』でルフィが強敵カタクリと戦う事で強くなろうとしている事が判明!! ということは…

第886話『生き様でちゅよ』はルフィが

「あいつを越えたい!!! おれ 全力のあいつに勝ちてェ!!! 10億の男に!!!」

と言っているところで終わります。

最近はルフィとカタクリの勝負の決着がホールケーキアイランド編の中でつくかどうかが予想しづらくなっていました。

しかし、第886話『生き様でちゅよ』でルフィがカタクリと戦うことによって強くなろうとしていることが判明し、さらに、こう言っていたとなると……どうやらルフィとカタクリの勝負はホールケーキアイランド編の中でつくことになりそうですね。

ルフィの勝利・カタクリの敗北という決着が見えてきたと言ってよさそうです。

『生き様でちゅよ』でルフィがカタクリのように未来を見れるようになりたいと思っていることも判明

また、第886話『生き様でちゅよ』の終盤でルフィは

「……おれにも見えるかな… 「少し未来」」

とも言っていました。

この言葉によって、ルフィが、ただ闇雲に強くなりたいと思っているわけではなく、カタクリのように見聞色の覇気によって「少し未来」を見れるようになりたいと思っている事も判明しました。

まあ、カタクリが「少し未来」を見れることによって、いかに有利に戦えるかを身をもって知ったルフィが、そのように思うのは当然のことなのかもしれませんが。

ルフィが、こう言っているところが描かれた以上、ルフィは、カタクリとの戦いの中で、「少し未来」を見れるようになるのでしょう。

『生き様でちゅよ』でキャロットは「今夜は「満月」かなあ」となぜ言っていたのか!?

第886話『生き様でちゅよ』でキャロットが意味ありげにチョッパーに「今夜は「満月」かなあ」と訊いていたことも非常に気になりました。

満月がミンク族であるキャロットの真の力を引き出すことになるのでしょうか?

かつてルフィたちがミンク族に攻撃されかけた後でワンダがルフィに「-今が月夜でなかった事に感謝しろ」と言っていたこともありましたから(ワンピース80巻 第805話)その可能性は非常に高いと思います。

そうだとすれば、キャロットは対ビッグ・マム海賊団戦で大きな戦力になりそうですね。

キャロットが「今夜は「満月」かなあ」と意味ありげに言っていた以上、きっと夜になれば満月が出るのでしょう。

【2017年11月27日】

このページの内容と関連性が大きい

『カタクリとの勝負にルフィが決着をつけるのはいつ!?』

も是非ご覧ください

続けて『ONE PIECE展開予想 ルフィの覇気はカタクリとの戦いで更にどう開花するのか?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ