2018年の『ONE PIECE』の物語の展開を予想

『ONE PIECE』はサニー号組が絶体絶命の危機に陥ったところで年を越し2018年を迎える

※コミックス(単行本)派の方にはネタバレとなることをご承知ください


   One Piece - Wandkalender 2018

週刊少年ジャンプの2017年内に発売される最後の号となる2018年4・5合併号に掲載された『ONE PIECE』(ワンピース)第889話では、遂にウエディングケーキを執拗に求めるビッグ・マムがサウザンドサニー号に降り立ちました。

したがって、サウザンドサニー号に乗船しているナミ、チョッパー、ブルック、ジンベエ、キャロットが絶体絶命の危機に陥ったところで『ONE PIECE』(ワンピース)の物語は2017年から2018年へと年を越すことになったわけですが……はたして『ONE PIECE』(ワンピース)の物語は2018年、どのように展開していくことになるのでしょうか?

2018年の『ONE PIECE』を予想するためのキーワードは「世界に潜む伝説」と「過去最大の敵」

2018年の『ONE PIECE』(ワンピース)の物語の展開を予想するためのキーワードとなってくるのは「世界に潜む伝説」と「過去最大の敵」です。

当サイトの『ルフィ達の過去最大の敵となる世界に潜む伝説とは?』のページにも書かせていただいていますが、ジャンプフェスタ2018のスーパーステージで読み上げられた尾田栄一郎先生のメッセージの中に

来年中には皆さんにONE PIECEの世界に潜む伝説を一つ紹介する事になるでしょう。それはルフィ達にとって過去最大の敵となって我々の前に立ちはだかって来る事になります。白ひげが関係してくるかも知れません。あ、しゃべりすぎました。

頂上戦争? アレがかわいく見えてくるなんて信じられますか?

といった言葉があったからです。

また、尾田先生はメッセージの中で2018年こそワノ国に行くとも言っておられました。

2018年に『ONE PIECE』で起きると予想される事

2018年に『ONE PIECE』(ワンピース)の物語で起きると予想される事を上記の尾田先生のメッセージも踏まえ、挙げていってみますと

●ルフィが覇気を更に開花させて、カタクリに勝つ

●ビッグ・マムがサンジたちの作ったケーキを食べて、何かが起き、ホールケーキアイランド編が終結する

●世界会議(レヴェリー)が行われ、今後の『ONE PIECE』(ワンピース)の物語の展開に大きな影響を与える何かが起きる

●ルフィたちがワノ国に行く

●世界に潜む伝説の一つがルフィ達にとって過去最大の敵となり、立ちはだかる

●頂上戦争がかわいく思えてしまうほどの何かが起きる

といったところになってきますかね。

2018年に『ONE PIECE』で起きる可能性がある事

上記の予想は、ほぼ確定的と言っていい、当然そうなるだろうと予想される事ばかりですが……今度は、そうなるかもしれないという事を挙げていってみますと

●ジンベエが完全に麦わらの一味の一員となる(これは、ほぼ確定事項かもしれませんが…何かどんでん返しが起こらないとも限らないので…)

●ペドロが生きていたことが判明(これも可能性は非常に高いと思います)

●プリンが何らかのかたちで仲間になる(麦わらの一味入りはないだろうと思うのですが…)

●パウンドが生きていたことが判明

●ジェルマ66とサンジの関係に変化が起きる

●世界会議(レヴェリー)でビビが重要な働きをする

などとなってきますかね。

2018年も『ONE PIECE』(ワンピース)から目が離せませんね。

【2017年12月31日】

このページの内容と関連性が大きい

『ルフィ達の過去最大の敵となる世界に潜む伝説とは?』

も是非ご覧ください

続けて『ONE PIECE展開予想 ”船の上のビッグ・マム”危うしサニー号!!』をご覧ください

ネタバレとはコミックス(単行本)派にとってのネタバレの意味であり、掟破りの週刊少年ジャンプ発売日前の情報暴露を意味するものではありません

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ