ルフィ対ビッグ・マムの直接対決は実現しないのか?

    フィギュアーツZERO ONE PIECE モンキー・D・ルフィ-ONE PIECE 20周年 ver.- 約150mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ホールケーキアイランド編はルフィ対ビッグ・マムの直接対決はないまま終わりそうだが…

『ONE PIECE』(ワンピース)第895話はギア4スネイクマンを発動させたルフィが繰り出したゴムゴムの王蛇(キング・コブラ)とカタクリが繰り出した斬・切・餅(ザンギリモチ)が激突したところで終わりましたが……長きにわたったルフィとカタクリの一騎打ちもいよいよ終わりを迎えることになりそうです。

強敵カタクリとの一騎打ちで全精力を使い果たしたルフィには、もう誰かと戦う余力など残ってなどいないでしょう。

したがって、ホールケーキアイランド編は「ルフィ対ビッグ・マム」の本格的な戦闘=直接対決はないまま結末を迎えることになるのでしょうが……今後、「ルフィ対ビッグ・マム」の戦いが実現することはないのでしょうか?

魚人島での宣戦布告は「ルフィ対ビッグ・マム」の布石ではなかった!?

ルフィは魚人島でビッグ・マムにケンカを売っていたが…

魚人島を自らのナワバリにしているビッグ・マムが約束のお菓子を用意できなかったために魚人島を滅ぼそうとしているのを知ったルフィは

「”新世界”でお前をブッ飛ばして!!! 魚人島はおれのナワバリにするからな!!!」

とビッグ・マムに対してケンカを売っていました。(ワンピース66巻 第651話)

この宣戦布告が「ルフィ対ビッグ・マム」の戦いが実現することの布石になっているのかと思った人は多いのではないかと思います。

しかし、今回のホールケーキアイランド編で「麦わらの一味対ビッグ・マム海賊団」の戦いは実現したと言えますが、「ルフィ対ビッグ・マム」の戦いが実現したとは言えませんね。

和解が成立したら「ルフィ対ビッグ・マム」はもう実現しない

今回のホールケーキアイランド編では実現しなかった「ルフィ対ビッグ・マム」の直接対決ですが……ホールケーキアイランド編の終了の仕方次第では、いつの日か実現することになるかもしれません。

しかし、もしもホールケーキアイランド編がルフィとビッグ・マムが和解するかたちで終わるようなことになった場合には、もう「ルフィ対ビッグ・マム」の直接対決が実現することはなくなってしまいますね。

『ONE PIECE』(ワンピース)の物語でルフィと麦わらの一味が敵と対立した場合、『ルフィはカイドウとの戦いで桃太郎の猿の役割を担うのか?』のページにも書かせていただいていますが、戦った敵のボスに該当する者・最強の者はほとんどルフィが倒してきました。

・アルビダ

・バギー

・クロ

・クリーク

・アーロン

・クロコダイル

・エネル

・フォクシー

・ロブ・ルッチ

・ゲッコー・モリア

・ホーディ・ジョーンズ

・シーザー・クラウン

・ドンキホーテ・ドフラミンゴ

といった面々をです。

ですから、これまでの『ONE PIECE』(ワンピース)の物語の展開の法則性からすれば、ルフィはビッグ・マムと直接戦うことになりそうですが……ルフィとビッグ・マムが和解した場合には、そうはならなくなってしまうわけですよね。

和解が成立しなくても「ルフィ対ビッグ・マム」が実現しない可能性も

また、ルフィとビッグ・マムが和解をしなかったとしても

●ウェディングケーキを食べたビッグ・マムに大きな変化が起こり、そのためにビッグ・マムは誰かと戦えるような状態ではなくなってしまう

●ホールケーキアイランド編終了後、ビッグ・マムはルフィとの戦いが実現しないうちに誰かに倒されてしまう

といった場合にも「ルフィ対ビッグ・マム」の直接対決は実現しないということになってきますよね。

主人公ルフィが世界でも指折りの実力者と敵対しながら、その実力者とルフィの直接対決が実現しないままに終わるという実に意外な展開が実現することになるのでしょうか?

それとも、いつの日かルフィとビッグ・マムの直接対決が実現することになるのでしょうか?

【2018年2月25日】

このページの内容と関連性が大きい

『ホールケーキアイランド編の終わり方 ビッグ・マムはどうなる?』

も是非ご覧ください

続けて『ONE PIECE展開予想 第896話予想 ルフィ対カタクリ 激闘の終わり方は?』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ