ジェルマ66対ビッグ・マム海賊団

   ONE PIECE ワンピース 19THシーズン ホールケーキアイランド編 piece.7 DVD

ジェルマ66はビッグ・マム海賊団と第898話以降どう戦う?

第897話”ペコムズのカカオ島脱出作戦”の終盤でビッグ・マム海賊団の強者たちに取り囲まれ危機に陥っていたサンジとルフィの前にイチジ、ニジ、ヨンジ、レイジュのヴィンスモーク家の兄弟が現れました!

そして、彼らが率いるジェルマ66の船団が行った砲撃によってカカオ島の海岸にいたビッグ・マム海賊団の戦艦が何隻も炎上していました!!

レイジュ以外のヴィンスモーク家の兄弟たちとサンジの間には確執がありましたし、サンジは自分がジェルマ66やヴィンスモーク家の元一員(出身)であることを頑なに否定しています。

しかし……どうやら今回に関しては、ヴィンスモーク家の兄弟たち、そして彼らが率いるジェルマ66は、サンジや麦わらの一味にとって強力な援軍となってくれそうです!

そうでなければ、ビッグ・マム海賊団の強者たちに取り囲まれて絶体絶命の危機に陥っていたサンジ(とルフィ)を守るような陣形をカカオ島に上陸したヴィンスモーク家の兄弟たちがとることはなかったはずですからね。

第897話はイチジが「-奇遇だな… サンジ おれ達もコイツらに…!! 一泡吹かせたいと思ってた!!」と言っているところで終わりましたから、第898話からジェルマ66とビッグ・マム海賊団の戦いが見られることになりそうです。

では、ジェルマ66対ビッグ・マム海賊団のどのような戦いが第898話以降、展開されることになるのでしょうか?

ジェルマ66対ビッグ・マム海賊団の戦いは個人対個人の一騎打ちになるか?

イチジ、ニジ、ヨンジ、レイジュのヴィンスモーク家の兄弟たちにオーブン、スナックをはじめとするシャーロット家の兄弟姉妹たちという面々が揃っているのですから、是非イチジ対○○、ニジ対○○といった個人対個人の一騎打ちが見てみたいですよね!

では……イチジ対○○、ニジ対○○といった個人対個人の一騎打ちが第898話以降実際に行われることはあるでしょうか?

あることを期待したいですが……残念ながら、ヴィンスモーク家の兄弟たちとシャーロット家の兄弟姉妹たちの戦いが個人対個人の一騎打ちの様相を呈してくることはないのではないかと予想します。

その理由は

●イチジ、ニジ、ヨンジ、レイジュの4人と一騎打ちを行うのにはカカオ島にいるシャーロット家の兄弟姉妹が多すぎる

●イチジ、ニジ、ヨンジ、レイジュ各々の戦闘を描いていたら、ホールケーキアイランド編の終結に向かっている物語のテンポが悪くなってしまう

といったものです。

ですから、スーパー戦隊のようにヴィンスモーク家の兄弟たちは4人で一緒に戦うか、各々が個別に戦うとしても、その描写は麦わらの一味とファイアタンク海賊団の連合軍がベッジの城の中に籠城した時(ワンピース86巻 第869話)と同じようにごく短いものになるだろうと予想します。

ジェルマ66の船団対ビッグ・マム海賊団の艦隊

カカオ島でのヴィンスモーク家の兄弟たちとシャーロット家の兄弟姉妹たちの戦いと並行して海上ではジェルマ66の船団とビッグ・マム海賊団の戦いが行われることになるでしょう。

スケールの大きな海戦となる気配もある船団対船団の戦いですが……ジェルマ66かビッグ・マム海賊団のどちらかが壊滅的なダメージを負うまで戦闘が続くということはないだろうと予想します。

現在、ジェルマ66の指揮をとっていると思われるイチジが「おれ達もコイツらに…!! 一泡吹かせたいと思ってた!!」と言っていたくらいですから、ジェルマ66側はビッグ・マム海賊団に一泡吹かせる程度に戦うつもりはあっても徹底的に戦うつもりはないように思えるからです。

ジェルマ66はビッグ・マム海賊団の力の強大さをよく知っていて、だからこそビッグ・マム海賊団をバックにつけることによって北の海(ノースブルー)の支配者に返り咲こうとしていたわけですから……ビッグ・マム海賊団と本格的に戦争を行い、勝利することがいかに困難かを十分に把握しているはずです。

ですから、ジェルマ66側としては騙され利用されて殺されそうになった雪辱を果たすために一泡吹かせてやる程度の戦闘は行ってもビッグ・マム海賊団と本格的に戦争をするつもりはないのではないでしょうか。

【2018年3月12日】

この記事と関連性が大きい

『ジェルマ66はどう動く!? 鍵を握るのはイチジ!?』

『”ペコムズのカカオ島脱出作戦” ジェルマ66参戦!』

も是非ご覧ください

続けて『ONE PIECE展開予想 ”必ず戻る” ジェルマ66大活躍!』をご覧ください

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ