第905話~予想 革命軍乱入!? 世界会議で何が起きる?

      フィギュアーツZERO ONE PIECE サボ -火拳- 約190mm ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

第905話以降始まる世界会議は波乱必至!! いったい何が起きる?

※コミックス(単行本)派の方にはネタバレとなることをご承知ください


ワンピース第904話で革命軍が、今回の世界会議(レヴェリー)で天竜人に宣戦布告するつもりだという事が明らかになりました。

世界会議で宣戦布告をするつもりでいるということは、やはり革命軍は世界会議が行われている会場に乱入するつもりつもりなのでしょうか?

まあ……世界会議で天竜人に宣戦布告をするという以上、そういう事になるのでしょうが……だからといって、世界会議に出席している者達を革命軍が襲撃し、死傷者が出るようなことは、ちょっと考えにくいです。

『第904話速報 革命軍は世界会議で天竜人に宣戦布告する!!』のページにも書かせていただいていますが、なにしろ世界会議にはサクラ王国、アラバスタ王国、リュウグウ王国、ドレスローザなどからルフィや麦わらの一味の者達と絆を築いている者達が多数出席するはずですからね。

で……今回の世界会議では、革命軍の乱入以外にもいろいろと波乱が起こる事が予想されるんですよね。

第905話以降で始まる世界会議で波乱を呼びそうな予想をいくつか挙げていってみますと以下のようになります。

第905話~予想 世界会議に波乱を呼ぶ要素① 歴史の本文

アラバスタ王国の国王ネフェルタリ・コブラは世界会議に向かう船の上で護衛隊副官チャカとの間で

「ニコ・ロビンに会ったあの日からずっと… 世界政府に問うてみたい事があった…」(コブラ)

「”歴史の本文”(ポーネグリフ)の事ですか?」(チャカ)

「うむ 今回の「世界会議」(レヴェリー)には是が非でも出席する!! あわよくば知りたい… その昔 ネフェルタリ家の王はー 世界に何をしたのか…!!」(コブラ)

といったやりとりをしていました。(ワンピース82巻 第823話)

コブラは体調をだいぶ悪くしているようでしたが、もしも、第905話以降で始まる世界会議に無事に出席できれば、必ず世界政府の者達に歴史の本文(ポーネグリフ)のことを問う事になるでしょう。

また、仮にコブラが世界会議に出席してできなかった場合もコブラの娘である王女ビビが、コブラの代わりに歴史の本文(ポーネグリフ)のことを問う事になるのではないでしょうか。

ですから、アラバスタ王国・ネフェルタリ家の者によって世界会議の場で歴史の本文(ポーネグリフ)のことが世界政府に問われるようになるのは必至と思われますが……世界政府は歴史の本文(ポーネグリフ)のことを秘密にしておきたいわけですから、これは波乱を呼びそうですよね!

    ワンピース トンガリバースデイ 缶バッジ コブラ 2月 原作イラスト ver 麦わらストア 東京ワンピースタワー 限定

第905話~予想 世界会議に波乱を呼ぶ要素② サボVSステリー!?

サボの両親に引き取られ、サボの義弟になったステリー(ワンピース58巻 第586話)がゴア王国の国王の座に就いていた事が明らかになっています。(ワンピース82巻 第823話)

天竜人に宣戦布告を行うため、もしもサボが、第905話以降始まる世界会議の会場に乗り込むような事があれば、そこでゴア王国の国王となったステリーとサボが対峙する……などという事も考えられそうですよね。

革命軍の参謀総長となったサボとゴア王国の国王となったステリーの再会(と言っていいんですかね? この二人の場合…)はいったい何を引き起こすようになるのでしょうか?

第905話~予想 世界会議に波乱を呼ぶ要素③ ワポルの思惑

元ドラム王国・国王ワポルは、現在は「悪(ワル)ブラックドラム王国」の国王となっていて、シッカリ今回の世界会議に出席してくるようですね。

そして、ワポルは、サクラ王国の国王となったドルトンの事を引きずり降ろそうと画策しているようですが(ワンピース82巻 第823話)……ワポルといえば、元々自分の部下だったドルトンとの間だけではなくルフィ達とも因縁がありますよね。

自分をブッ飛ばしたルフィ(ワンピース17巻 第151話)のことも恨んでいるに違いないワポルだけに第905話以降始まる世界会議でドルトンだけではなくルフィの足も引っ張ろうとすることは十分に考えられそうです。

ホールケーキアイランドでのルフィの奮闘が新聞で「5番目の「海の皇帝」現る!!!」と大々的に報じられたばかりなだけに今回の世界会議でルフィのことが議題として取り上げられる事もあり得ると思います。

そうなった時には、ワポルは、きっとルフィの足を引っ張りにかかるはずですよね。

第905話~予想 世界会議に波乱を呼ぶ要素④ 世界政府vs親ルフィ派

ワポルのようにルフィを恨む者がいる一方で、第905話以降始まる世界会議にはサクラ王国、アラバスタ王国、リュウグウ王国、ドレスローザなどからルフィや麦わらの一味の者達と絆を築いている者達も多数出席します。

ルフィや麦わらの一味の者達と絆を築いた者達には、現在の世界、世界政府のあり方に疑問を抱いている者も多いはずですね。

ですから、ルフィや麦わらの一味の者達と絆を築いた者達=親ルフィ派が世界政府と対立するようになる……などという展開も考えられなくはありませんね。


波乱必至の第905話以降始まる世界会議、いったい何が起きるのでしょうか?

心配なような、それでいて楽しみなような複雑な心境です。

【2018年5月14日】

このページの内容と関連性が大きい

『世界会議編で王下七武海は撤廃されるのか?』

『第904話~予想 ルフィの運命も左右する世界会議の議題』

も是非ご覧ください

続けて『ONE PIECE展開予想 第905話速報 緑牛ついに登場! 革命軍のサボ達と激突必至!?』をご覧ください

ネタバレとはコミックス(単行本)派にとってのネタバレの意味であり、掟破りの週刊少年ジャンプ発売日前の情報暴露を意味するものではありません

※当サイトの内容の無断転載・無断使用を固く禁じます

※当サイト内の画像はAmazonにリンクしています

このページのトップへ

トップページへ